日々

link permalink

Windows 10 クリーンインストール

今までのノート PC は 5分以上掛かっても起動できなかったのに、Windows 10 をクリーンインストールしたところ、2分くらいで起動するようになりました。Windows は本当にイケてないです。

意外な落とし穴として Windows 10 はインストールイメージが DVD に収まらない(4.7GB を超えている)ため、USB ドライブから起動できない PC の場合、クリーンインストールする手段がありません

まさかの外付け BD ドライブ

私の PC は DVD ドライブしか搭載しておらず、USB メモリからも起動できなかったため、もろにハマりました。どうしたものかな〜と考えた末に Blu-ray ディスクにインストールイメージを書き込んで、外付け BD ドライブから起動するという方法で乗り切りました。

当時は特に意味もなく買った外付け BD ドライブと、BD-RE ディスクでしたが、こんな場面で助けられることになるとは思いませんでした。

BD ありがとう。でもこれからも全然使わないんだろうなあ……。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 2日 19:24]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    2018 年にもなって USB メモリーから起動できない PC があるなんて......

    きのうダウンロードした Win10_1803_Japanese_x64.iso は、4,634,222,592 バイトでした。これなら片面 DVD-R にも入りそうですね。今回の大型アップデートを利用して、クリーンインストール (データを残さない選択肢を利用したアップデート) させる手でもうまくいったのかも知れませんね。 
    (2018年05月02日 21:42:20)
  • すずき 
    一応補足しておくと、もう 6年前の PC です。過去日記によると購入は 2012年 2月でした。

    この PC はなぜか 128MB の古い USB メモリは起動ディスクとして認識しますが、128GB の新しい USB 3.0 メモリは認識しません。NTFS でフォーマットしたのが良くなかったのかなあ?

    Windows 10 の容量は、i386 向けと x64 向けを同居させたイメージを作成したせいで DVD に収まらなくなったのかもしれません。細かい設定を覚えていないので、今となっては何とも言えないです。

    インストールイメージを作り直そうにも Windows をぶっ潰すと Windows 10 のインストールイメージが作れなくなるジレンマがありますね。

    最終手段としては、仮想マシンにいったん Windows を入れる手がありますが、非常に面倒くさいです……。 
    (2018年05月02日 22:21:08)
  • hdk 
    10 年前の PC でも普通に USB ブートできていたと思いますが... 確かに容量は関係あるかも知れないですね。BIOS ブートだと AA55 さえちゃんと入っていれば認識はするんじゃないかと思います。もちろん、正しくブートするようにブートセクターを書き込んでおく必要がありますが... もしかして容量が大きいから HDD 扱いになっていたりして... その場合はアクティブパーティションを作っておかないとブート可能と認識されないかも知れません。UEFI ブートだと NTFS は非対応の場合もあるので環境によります。

    Windows 10 の ISO ファイル、実は GNU/Linux からアクセスすると普通に直接ダウンロードできるんです。上に書いたファイルサイズはそれでダウンロードしたものです。要するに User-Agent で判断しているだけらしいので、Windows でも User-Agent さえ変えればダウンロードできたと思います。 
    (2018年05月03日 09:00:36)
  • すずき 
    USB 3.0 メモリはブート対象リスト(F12 か何か連打した時に出るリスト)に出ないですね。

    DVD ドライブだとブランクメディアでもブート対象リストに出現しますが、USB 3.0 メモリは出てきません。パーティションとかそういう問題でもないのかな。

    ISO ファイルは Windows から作るほうが面倒くさいんですね。うーん、イマイチだな…。

    Windows 10 の ISO ファイルは、32ビット版と 64ビット版を分けたら、どちらも DVD に収まるサイズになりました。もし次があるとしたらこのイメージを使おうと思います。 
    (2018年05月03日 12:14:24)
open/close この記事にコメントする



link permalink

ポケモン GO

エラーが出て起動しなくなってしまいました。しつこく何度も再起動していたら、しれっと治りやがりました。うーん、リリースからだいぶ経っているのに、ずーっとヘッポコ実装のままですね。

Android 版だけ差別されているのかと思いきや、奥さんに聞いたら iPhone 版も良く落ちたり固まったりするらしくて、大して変わらないそうで。つまりアプリの実装を直す気が無いってことか……。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 21日 02:09]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

自動車税

今年も自動車税の支払い時期が来ました。税額は 45,400円でした。

去年の金額を忘れてしまったのですが…、高くなっていたりする?

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 21日 02:03]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

最初の設計が肝心

初期段階の設計失敗を、最終段階の設定や運用で取り返そうとすると苦労するよね…。と思った良い例だったので、つらつら書いてみます。

Windows 7(Vista からかも?)あたりから Windows Update 後にコンピュータを自動再起動する仕組みが導入されました。この仕組みは不評らしく、自動再起動を無効化する方法を紹介するページがたくさん見つかります。

一方の Microsoft は最新セキュリティパッチを当てた状態の Windows を使ってほしいため、自動再起動を無効化する手段を片っ端から潰しています。

しかしユーザー側は諦めません。Windows 10 時代になっても、あの手この手で「自動再起動を無効化する方法」を紹介するページがたくさん見つかります。Windows 7, 8, 10 と導入から時間が経ってもこの有様ですから、相当嫌われていることがわかります。

挙句の果てに Microsoft 公式サポートが自動再起動を無効化する方法を紹介Windows 10 / Windows Server 2016 の Windows Update 後の自動再起動の制御方法 - Japan WSUS Support Team Blog)しているほどですから、Microsoft だってこの仕組みが鬱陶しいことに気づいています。

直したいけど直せない?

でもどうして改善されないんでしょうか?

この問題の根本原因は Windows Update の仕組みがイマイチ、つまりいちいち再起動を必要とすることです。Update 後の再起動を不要にすれば問題は解決します。

当然この程度のこと Microsoft も分かっているはずなのに、いつまでも取り組まないところを見ると、おそらくかなり初期段階のミスというか設計不良をやらかしていて、直すのが困難なのでしょう。

根本原因を直せない以上、場当たり的な方法(自動再起動)で誤魔化し続けるしかなく、Microsoft とユーザーの不毛な争いが続くんですね。

私もやらかしたことありますけど、設計段階の大失敗が量産後に判明することは割とあります。私がやらかした問題は直し方がわかっていますし、あちこちで火を噴いている問題児なのですが「直すと影響が大きい」という理由で、小手先の対応しか取らないまま、数年放置されています。

規模や難易度が全く違いますが、Windows Update の自動再起動問題と同じ構造だなあ……、なんて思いました。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 21日 01:41]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    Linux も、先日の Meltdown 対策のようなカーネルの更新があるとどうしても再起動が必要ですね。動的パッチ当てはどこまで実用化されているのか、それも Meltdown 対策のようなものまでいけるのか、わかりませんが。あと libc のようなライブラリの更新の場合も、ほとんどのプロセスの再起動が必要なんてことも考えられます。ついつい先延ばしにしてしまいますが...
    Windows も、たまに再起動のいらない更新もあるんですが、再起動の必要な更新が多い感じはしますよね。 
    (2018年05月21日 22:55:57)
  • すずき 
    数えたことはありませんが Windows はほぼ毎回再起動ですね。再起動が要らないのは Office の更新くらい??

    Windows は設計時に想像すらしていなかった事態がいろいろ起きているんだろうなと、勝手に想像しています。良くやっているなあと思います…。
     
    (2018年05月22日 22:26:24)
open/close この記事にコメントする



link permalink

Linux DVB Frontend ドライバ

会社で Linux 用のフロントエンド(チューナー、デモジュレータ、デマルチプレクサ)のドライバを書いていました。商品に使うかどうかは知りませんけどね……。

この辺の機能は DVB Frontend API とか、単に DVB API と呼ばれて(わかりやすい図)いるようです。Video For Linux 2(V4L2)と共に、Linux Media Subsystem という名前の Subsystem(ドキュメント)を構成しています。

DVB という名前は欧州の放送規格の DVB に由来していますが、現在は DVB に限らず他の放送規格にも対応しています。

衛星(ISDB-S)と地上波(ISDB-T)

私は日本在住なので、とりあえず日本の放送が映れば嬉しいです。ISDB-S, ISDB-T 用のチューナー、デモジュレーターのドライバを作ってみました。

無事、会社の開発ボードで放送波が受信でき、開発ボード → PC に TS を投げつけることで、PC の VLC プレーヤーでワンセグを拝めました。VLC プレーヤー便利です。

フロントエンドって何ですか?状態のド素人からの出発で、1人でセカセカ 3週間くらいでした。チューナーもデモジュレーターも、単品で独立した LSI が多いのでわかりやすい(※)です。フロントエンド系に詳しくて、Linux のドライバ開発に慣れている人なら、もっと早くできるでしょう。

実装したドライバは Linux の開発 ML に送ってみたけれど、今のところ特にお返事ありません。悲しい…。

Linux のフロントエンドドライバの対応状況は結構偏っています。DVB は手厚いですが ATSC, DTMB, ISDB は手薄に見えます。もしご興味ある方は DVB 以外にトライしてみると、喜ばれるのではないでしょうか?

(※)悲しいことに、一番訳が分からなくて手間が掛かるのは、いつも自社の SoC です。未だに良くわからん部分があり、Linux の開発 ML に投稿できていません。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。加筆あり。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 28日 01:17]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ワンセグよりフルセグ

ISDB-T を受信できるようになり、ワンセグを見ることができるようになりましたが、ワンセグは解像度が低く細かいところが見えません。動きもカクカク(15fps)です。

フルセグの動画も拝みたいところですが、日本でフルセグを見るためにはスクランブルを解除しなければなりません。

日本はなぜか無料放送にスクランブルが掛かっています。ISDB 仲間のブラジルではスクランブルは無いそうです。日本は変な国ですね…。

テレビを作るわけではないので PAT, PMT, ECM だけ処理して、B-CAS との通信部分、Multi2 の暗号/復号処理(※)を実装すれば、動作チェックくらいならできるはず。たぶん。

(※)CBC と OFB モードを両方使うので、復号するために、暗号処理が要ります。気になる方は Wikipedia をご覧あれ(暗号利用モード - Wikipedia)。

久しぶりに読んだ

久しぶりに ARIB の仕様書(ARIB STD-B25)読みました。日本語はありがたいですけど、やや読むのは辛いです。

できれば B-CAS に送る INS コマンドの値をコマンド例と一緒に書いてくれれば見やすいのになあ。なぜ仕様書の最後に書くんでしょうか。見づらい。

暗号に関しては割と書いてあっても、復号に関する記述が適当で、受信機の設計者はこれ見て作れます??と要らん心配をしてしまいます。

有料になっていた

以前は ARIB の仕様書は気前良く無料で公開されていましたが、有料に変わっていました。お金無くなったんでしょうか?天下の ARIB が貧乏臭くなっちゃって……。

これも今の日本のテレビ業界の斜陽を表しているのかもしれません。

単純なデスクランブル

会社のテレビソフトウェアを使えば、ハードウェアでデスクランブル(=処理負荷が低くて優秀)できますが、要らんシステムがゴチャゴチャくっ付いて来て外せないので死ぬほどウザいです。デスクランブルだけ行うのは不可能じゃないはずですが……ちと面倒です。

ソフトウェアデスクランブルだけ出来ても、番組表も字幕も録画も何もないので、会社で役立つことはほぼなさそうです。お役立ちは目指してないし、個人的には PC にフルセグが映ったら十分なので、他は要らねっすわ。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。加筆あり。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 28日 02:07]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

白髪の原因

病気やストレスで「白髪」になるのは、免疫システムの働きだった:研究結果 - WIRED.jp を読んで。

ずっとストレス=白髪は俗説だと思っていたけど、関係あるんですね。あくまでも、マウスによる実験なので人間にそのまま適用できるかどうか、まだわからないです。

白髪が多いのは昔からなので気にしていませんが、大きな病気とか、ストレスと関連していると言われると、ちょっと気になってしまいます。

今までは頭の上が白くて、前髪やサイドは黒かったのですが、サイドがかなり白髪に侵略されていて、白くなってきました。最近はストレスフリーな生活してるのに変だなー……?

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。加筆あり。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 30日 01:57]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ISDB-S/ISDB-T のデスクランブル

無料放送のデスクランブルはうまくいきました。会社の PC にフルセグが映って満足です。画面が綺麗になったお陰か、仕事中についテレビに目が行ってしまい危険です……。

デスクランブルの実装に速度的な工夫は皆無ですが、PC で実行しているので性能は余裕です。CPU 利用率は Core i7 1コア 12%程度、地上波の全番組(10番組で十分)を同時処理してもお釣りが来ます。

CPU 性能とは別の問題があって、3番組以上同時にデスクランブルしようとすると、B-CAS カード or カードリーダーが変な動きをして死にます。エラーも何も出ないので、理由が良くわかりません…。

Facebook にて「B-CAS カード内のマイコンかバスの性能限界が 2番組では?」と教えていただきました。となると B-CAS 2枚差しに対応したら、4番組まで処理できそうですね。

データ転送は何か考えた方が良さそうです。今は素朴に MPEG2-TS を UDP に載せて垂れ流していますが、ネットワークへの負荷がハンパじゃありません。1番組で 20Mbps 強、帯域を浪費します。

プログラム番号を指定して、どの PMT を通すか決め、要らない PID のパケットは捨てるフィルタを入れた方が良さそうです。家ならば、ギガビットイーサネット前提にした力尽くの解決でも良いです。Wi-Fi だと厳しいかな……。

振り返り

かれこれ 1週間くらいで作れましたが、知識ゼロから書き始めたらこんなにうまく行かなかったでしょう。スムーズに進んだ要因は 2つかな?

1つ目は昔買った Earthsoft PT2 です。PT2 は有志の方により Linux ドライバが開発されました。お陰で Linux PC があれば、スクランブル掛かった MPEG2-TS が簡単に取得できました。

会社の開発ボード+先日作ったドライバでも MPEG2-TS は取得できますが、会社から取得したデータを持って帰ってくる方法が無いんですよね。

2つ目は昔のコードです。MULTI2 復号/暗号や、デスクランブル処理は、以前 Java で書いたことがあって、そこから流用しました。一番難しい部分を瞬殺できたのは大きかったです。

細かい中身を忘れてたせいなのか、自分で納得して書いたコードだと確信できるのに、どうしてこれで動くのかちょっと悩んだりする、不思議な体験をしました。

いやはや、昔の自分はほぼ他人ですね。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。加筆あり。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 31日 03:47]
link 編集する

コメント一覧

  • 通りすがりですみません。 
    私のPC(Win10)ではB−CAS1枚でもアースソフトのPT2の2枚刺しに対応できているので方法はあるかもしれませんね。ただし、カード1枚にドライバ1個を起動して対応してます。技術屋ではないので、中身まではよくわかりませんですが。 
    (2018年06月02日 16:42:23)
  • すずき 
    情報ありがとうございます。PT2 2枚差しということは、同時 8ch(1枚で地デジ x 2 + 衛星 x 2 の 4ch、2枚で 8ch)のデスクランブルが出来ているということでしょうか?

    だとすると、私の書いたプログラムの制御が良くないのかもしれません。時間を見つけて追いかけてみようと思います。 
    (2018年06月02日 17:27:09)
open/close この記事にコメントする



link permalink

DVB API の不思議な仕様

Linux DVB API の仕様を完全に誤解していました。DVB API ではチャンネルを選局する際に、DTV_FREQUENCY プロパティにチャンネルの周波数を指定します。

この仕様がかなり変わっていて、衛星系は kHz で指定しますが、地上波やケーブル系は Hz で指定する(ドキュメントへのリンク)んです。

私は今までどちらも Hz だと思っていたので、テスト用のアプリを思い切り間違って書いていました。テストアプリで PT2 を制御しようとすると、ISDB-S だけエラーになって選局が出来なかったので、何かおかしいな??とは思っていたのですが、まさかこんな仕様だったとは……。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。追記あり。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 6月 2日 17:23]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報