日々

link permalink

なぜここに?

リュックサックのポケットに入っていたゴミを捨てていたら、平成21年10月10日付けの京都→海浜幕張の乗車券が出てきました。

券には「京都 入」「東京 出」という新幹線改札の赤い印字があるので、未使用ではありません。普通は目的地の駅(幕張)で改札機か駅員に回収されるはずですが、どうしてこれが手元に残ったんだろうか??

今でこそ幕張に通い詰めていますが、3年前に幕張に行く用はなかったはず。一体、何しに行ったんだろうか?まったくもって記憶にございません。謎だ…。

いつのまに?

ラテールからポイントが失効するよ?ポイント消すよ?という脅しメールが来たので(有料で買ったポイントなのにねー)、久しぶりに起動してみました。いつのまにか 2nd Season とやらになっていました。

新しい地域が追加されて、マップが結構変わっていました。偶然セーブしていた地域の敵が、姿はそのままなのに超強くなっており、気づかず走り抜けたら死にました。

出鼻をくじかれて面倒くさくなったので、キャラクターをエリアスに戻しておしまい。再開はいつになるやら…。

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 6月 9日 22:36]
link 編集する

コメント一覧

  • ち。 
    確か、学園祭前にCEATEC見に行ったんじゃなかったっけ? 
    (2012年06月13日 23:21:28)
  • すずき 
    >ち。さん

    そういえば行きました。
    奥さんがえらいご機嫌斜めでした。

    メッセに行ったってことは、海浜幕張で降りたのは確実なのに、切符が手元に残ったのはなぜなんだろう…。 
    (2012年06月15日 23:50:06)
open/close この記事にコメントする



link permalink

ファイルサーバ刷新

ファイルサーバのメンテナンスです。今回は、省エネ性能そのままで高速化&起動用の内蔵 SATA HDD がヤバそうなので交換、という目標でマザーボード(※)と HDD を入れ替えました。

新マザーボードは ASRock AD2700-ITX です。Amazon で 8,400円でした、安いなー。名前の通り Intel Atom D2700 搭載です。以前使っていた Atom 330 と比較すると、

  • TDP は Atom 330 8W → Atom D2700 10W で 1.25倍
  • 速度は Atom 330 → Atom D2700 で 1.3倍くらい(適当にググった調べ)

とのこと。うーん、プロセスが 1世代進んだ割には案外進化していないような…?

その他、特筆すべきは AD2700-ITX は完全ファンレスという点です。前のマザーボードも動いているかわからないくらい静かでしたが、今回は完全に無音です。こりゃいいわー。

新 HDD には PS3 から奪った 2.5 インチ SATA HDD(TOSHIBA MK1665GSX)を流用しました。3.5 インチ 7200rpm → 2.5 インチ 5400rpm でスペックダウンです。しかも 2.5 インチマウンタがどっか行ってしまったので、適当なケースに入れて USB 接続にしてしまいました。さらに速度ダウンです。

速度はボロボロですが、省エネ性能「だけ」は抜群です。なんといっても USB バスパワー駆動ですから。

(※)Intel Atom は CPU のみの交換は不可能で、マザーボードごと交換するしかありません。

しばらく様子見

起動用 HDD が壊れないかちょっと心配です。肝心のケースが、いかにも短時間用って感じの作りに見えます。2.5 インチ 5400rpm HDD の発熱は少なめとはいえ、24h 稼働に耐えられるんだろうか…??

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 6月 28日 01:43]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報