コグノスケ


link 未来から過去へ表示(*)  link 過去から未来へ表示

link もっと前
2024年2月23日 >>> 2024年2月10日
link もっと後

2024年2月18日

JavaとM5Stamp C3とBluetooth LE - ビルド準備編

目次: Arduino

M5Stamp C3をBluetooth LEデバイスにして、Linux PCもしくはRaspberry PiなどのLinux SBCとお話する取り組みの続編です。

今回はbluez-dbusを使ったJavaアプリのビルド準備をします。目的は依存するライブラリが全て含まれた(つまり単独で実行可能な)JARファイルを生成することです。ビルドシステムは昔はAntでしたが今はMavenがメジャーでしょうか?Mavenは依存関係の解消が楽で良いですね。

アプリ開発そのものはテキストエディタでもIntelliJ IDEAやEclipseなどのIDEでも、お好きなツールを使っていただければ良いかと思います。

基本的な設定

ビルドを試すだけならJavaのソースコードは不要で、プロジェクトのディレクトリにpom.xmlを作成するだけで試せます。今回作成するアプリはbluez-dbusに依存するので依存設定を記述するdependenciesタグはこんな感じにします。

pom.xmlのdependenciesタグ周辺(2つに分ける書き方)

    <dependencyManagement>
        <dependencies>
            <dependency>
                <groupId>com.github.hypfvieh</groupId>
                <artifactId>bluez-dbus</artifactId>
                <version>0.1.4</version>
            </dependency>
        </dependencies>
    </dependencyManagement>

    <dependencies>
        <dependency>
            <groupId>com.github.hypfvieh</groupId>
            <artifactId>bluez-dbus</artifactId>
        </dependency>
    </dependencies>

Mavenでは記述を2つに分けるのが推奨のようです、例えば依存関係の記述ならdependenciesタグとdependencyManagementタグに分けます。特に大きなプロジェクトだと複数のpom.xmlに渡ってビルドの設定を記述することが増え、各pom.xmlのdependenciesタグの中でバージョンなどを何度も書くと間違うし更新漏れが発生します。トップレベルにあるpom.xmlのdependencyManagementタグの中でバージョンなどを定義し、子レベルにあるpom.xmlではdependenciesタグから参照する使い方が良いのだとか。

今回はpom.xmlが1ファイルしかないので分けなくても問題ありません。分けない方の例も挙げましょう。プラグイン設定も同様にpluginsタグとpluginMnagementタグの2つに分けますが、ここではあえて1つのpluginsタグに全て書きます。

pom.xmlのpluginsタグ周辺(2つに分けない書き方)

        <plugins>
            <plugin>
                <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
                <artifactId>maven-assembly-plugin</artifactId>
                <executions>
                    <execution>
                        <goals>
                            <goal>single</goal>
                        </goals>
                        <phase>package</phase>
                        <configuration>
                            <descriptorRefs>
                                <descriptorRef>jar-with-dependencies</descriptorRef>
                            </descriptorRefs>
                            <archive>
                                <manifest>
                                    <mainClass>main.java.Main</mainClass>
                                </manifest>
                            </archive>
                        </configuration>
                    </execution>
                </executions>
            </plugin>
        </plugins>

上記に出てくるmaven-assembly-pluginは依存ライブラリを全て含んだJARファイルを生成できるプラグインです。jar-with-dependenciesという定義済みのdescriptorRefを指定すると良いそうです。階層構造といい変な名前といい何かの呪文のようです、とても覚えられません。

テストの設定などを除けば、基本的には依存ライブラリ設定とプラグイン設定で最低限の役目は果たすはずです。ですがビルドしてみたらめっちゃハマりました。Mavenつらい……。

ハマりポイントその1 - maven-assembly-pluginのバージョン

バージョンを特に指定しない場合、現状maven-assembly-pluginは2.2-beta-5というバージョンになります。が、このバージョンは動作がおかしいようでmvn packageがビルドエラーになります。

mvn package実行時のエラー
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD FAILURE
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Total time:  1.211 s
[INFO] Finished at: 2024-02-19T19:40:23+09:00
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[ERROR] Failed to execute goal org.apache.maven.plugins:maven-assembly-plugin:2.2-beta-5:single (default) on project bluetooth-test: Failed to create assembly: Error creating assembly archive jar-with-dependencies: A zip file cannot include itself -> [Help 1]
[ERROR]
[ERROR] To see the full stack trace of the errors, re-run Maven with the -e switch.
[ERROR] Re-run Maven using the -X switch to enable full debug logging.
[ERROR]
[ERROR] For more information about the errors and possible solutions, please read the following articles:
[ERROR] [Help 1] http://cwiki.apache.org/confluence/display/MAVEN/MojoExecutionException

エラーの原因が全くわかりません。Mavenのエラーメッセージは全般的に何が言いたいのかわからず、pom.xmlのデバッグは困難を極めます。色々調べたり試した限りでは、プラグインのバージョンを2.1に固定するとこの現象は発生しなくなることがわかりました。何だそりゃ?どういうことだ……??

maven-assembly-pluginのバージョンを2.1に固定

            <plugin>
                <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
                <artifactId>maven-assembly-plugin</artifactId>
                <version>2.1</version>    ★★バージョン2.1に固定した★★
                <executions>
                    <execution>
                        <goals>
                            <goal>single</goal>
                        </goals>
                        <phase>package</phase>
                        <configuration>
                            <descriptorRefs>
                                <descriptorRef>jar-with-dependencies</descriptorRef>
                            </descriptorRefs>
                            <archive>
                                <manifest>
                                    <mainClass>main.java.Main</mainClass>
                                </manifest>
                            </archive>
                        </configuration>
                    </execution>
                </executions>
            </plugin>

本当に意味がわからないです。Mavenつらすぎる。

ハマりポイントその2 - 2回目のビルドとmaven-clean-plugin

次のハマりポイントはmvn packageを2回連続で実行すると下記のエラーが出て失敗することです。mvn-assembly-pluginどうなってんだお前……。

mvn packageを2回実行した時のエラー
[INFO] --- maven-jar-plugin:2.4:jar (default-jar) @ bluetooth-test ---
[INFO] Building jar: /home/katsuhiro/ble-test/target/bluetooth-test-0.1.jar
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD FAILURE
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Total time:  1.332 s
[INFO] Finished at: 2024-02-20T02:41:20+09:00
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[ERROR] Failed to execute goal org.apache.maven.plugins:maven-jar-plugin:2.4:jar (default-jar) on project bluetooth-test: Error assembling JAR: A zip file cannot include itself -> [Help 1]
[ERROR]
[ERROR] To see the full stack trace of the errors, re-run Maven with the -e switch.
[ERROR] Re-run Maven using the -X switch to enable full debug logging.
[ERROR]
[ERROR] For more information about the errors and possible solutions, please read the following articles:
[ERROR] [Help 1] http://cwiki.apache.org/confluence/display/MAVEN/MojoExecutionException

なぜかmaven-jar-pluginがエラーを起こします。メッセージの意味がさっぱりわかりません。なぜかmaven-clean-pluginを追加して最初にcleanを実行すると現象が発生しなくなります。ビルド時のゴミが残っているのか?ビルドが毎回全てやり直しになるので遅いですけど、ビルドエラーよりはマシでしょう……。

maven-clean-pluginとビルド開始時にcleanする設定

            <plugin>
                <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
                <artifactId>maven-clean-plugin</artifactId>
                <executions>
                    <execution>
                        <id>auto-clean</id>
                        <phase>initialize</phase>
                        <goals>
                            <goal>clean</goal>
                        </goals>
                    </execution>
                </executions>
            </plugin>

やっとmvn packageが動作するようになりました。思い出していただきたいのは、Mavenの設定ファイルpom.xmlたった1つしか作っておらず、Java言語を1文字足りとも書いていないのにこの有様だということです。Mavenは著名ツールの割にエラーメッセージが意味不明すぎてつらいです。Maven使っている人はpom.xmlをどうやってデバッグしているんでしょうね?

ソースコード

ソースコードという程でもないですが、こちらからどうぞ。

編集者:すずき(2024/02/20 02:54)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2024年2月16日

JavaとM5Stamp C3とBluetooth LE - 導入編

目次: Arduino

以前の日記(2024年2月12日の日記参照)でM5Stamp C3をBluetooth LEデバイスにして、スマホのアプリとお話ができるようになりました。とくれば、次はM5Stamp C3とLinux PCもしくはRaspberry PiなどのLinux SBCとお話したくなります。

LinuxでBluetoothを扱う場合は、BlueZという実装を使います。BlueZはDBusというマシン内のイベントを配信するシステムに依存しており、軽く調べた感じではC言語からDBusを制御するのは結構大変そうです。Pythonだと簡単らしいですがGUIも実装したいんですよね。ちょっと悩みましたが久しぶりにJavaで書くことにしました。

素晴らしいことにJavaからBlueZを制御する場合、bluez-dbusというbluez-dbusのリポジトリ)求めていた用途そのもののライブラリがあります。DBus制御は同作者さんのdbus-java(dbus-javaのリポジトリ)を使うようです。Unixソケットを使うライブラリにも依存しているようですね。

ちなみにbluez-dbusはJavaで実装されているものの、Javaの外の世界にOSやシステム依存(DBus、Unixソケットの存在に依存)があるため、Linuxでしか動作しないことに注意が必要です。用途次第ではWindowsやMacOSで動作しないと困るのでしょうけど、私が今回想定している用途ではLinux専用で問題ありません。ありがたくbluez-dbusを使わせていただきます。

bluez-dbusのドキュメント

ドキュメント(bluez-dbusのJavaDoc)を自分でビルドするのは大変なので、javadoc.ioを参照(Overview (bluez-dbus 0.1.4 API))すると楽です。

ちなみにjavadoc.ioって何?と思ったらMavenに収容されているリポジトリのJavaDocを生成して公開してくれているサイトなのだそうです。ありがとうMavenプロジェクト、とても便利です。

編集者:すずき(2024/02/20 02:22)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2024年2月14日

LinuxでBluetooth LEデバイスをスキャンする

目次: Arduino

毎回BlueZというかhcitoolの使い方を忘れてググっているのでメモしておきます。

Bluetooth LEデバイスのスキャンはhcitool lescanです。Bluetoothアダプタが2つ以上あるなら-iオプション(-i hci0など)でアダプタを指定できます。lescanは別の機器Crtl+Cなどで止めるまで発見したBluetooth LEデバイスのMACアドレスが延々と流れ続けます。

デバイス情報を見る場合はhcitool leinfoです。

hcitool leinfoの出力例
# hcitool leinfo (xx:xx:xx:xx:xx:xx)

Requesting information ...
        Handle: 55 (0x0037)
        LMP Version: 5.0 (0x9) LMP Subversion: 0x16
        Manufacturer: Espressif Incorporated ( ?鑫信息科技(上海)有限公司 ) (741)
        Features: 0x01 0xf9 0x01 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00

M5Stamp C3のMACアドレスを指定して実行するとこんな情報が表示されました。SoCのESP32シリーズの製造元はEspressifなので合ってそうですね。

編集者:すずき(2024/02/20 02:11)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2024年2月12日

M5Stamp C3をBluetooth LE子機にする

目次: Arduino

M5Stamp C3はWi-FiとBluetooth LEが使えます。私はBluetooth規格は全く知らないですが、Arduino-ESP32にはBLEライブラリがあってお手軽にBluetooth LEによる通信ができます。Arduino-ESP32とは何者か?については以前の日記(2024年1月7日の日記参照)をご覧ください。

ライブラリがあるとはいえゼロからコードを書くのは結構大変です。しかし世の中にはArduino-ESP32 BLEのサンプル(ESP_32_BLE_Arduino)を公開している素敵なリポジトリがありまして、これを元に改造すると簡単です。ありがたいですね。

動作確認にはスマホを使います。Bluetooth LEに対応しているアプリならなんでも良いです。参考までに私はSerial Bluetooth Terminalというアプリ(Serial Bluetooth Terminal - Google Play)で確認しています。iPhoneは持ってないのでわかりません、アプリがあると思いますので頑張って探してください……。

TXとRXの割当

Arduino-ESP32 BLEのサンプル側はNordic nUARTのCharacteristic GATTのUUIDを使っていて、こんな設定になっています。

  • 6E400001-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: Service GATT UUID
  • 6E400002-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: RX(受信用、アプリから見たらWritable)Characteristic GATT UUID
  • 6E400003-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: TX(送信用、アプリから見たらReadable)Characteristic GATT UUID

TXとRXがどちらから見た方向なのか混乱しますが、Serial Bluetooth TerminalのPredefined設定は賢いので間違えてTXとRXの定義が逆になっていても通信できてしまいます。

通信できれば問題ないとはいえ、正解を調べておいて損はないでしょう。Nordic Semiconductorのドキュメント(UART/Serial Port Emulation over BLE - Nordic Semiconductor Infocenter)を見ると、下記の記述があります。

RX/TXとUUIDについての説明(Nordic Semiconductorのドキュメントより一部抜粋)
This service exposes two characteristics: one for transmitting and one for receiving (as seen from the peer).

  - RX Characteristic (UUID: 6E400002-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E)
    The peer can send data to the device by writing to the RX Characteristic of the service.
    ATT Write Request or ATT Write Command can be used. The received data is sent on the UART interface.
  - TX Characteristic (UUID: 6E400003-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E)
    If the peer has enabled notifications for the TX Characteristic, the application can send data to the
    peer as notifications. The application will transmit all data received over UART as notifications.

RX Characteristic(UUID: 6E400002)の説明はsend data to deviceとあります。すなわちアプリ側にとってTXでありサンプル側にとってはRXとなるはずです。TXはその逆ですね。

  • 6E400002-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: サンプルのRX Characteristic GATT UUID
  • 6E400003-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: サンプルのTX Characteristic GATT UUID
  • 6E400003-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: アプリから見たらRX方向
  • 6E400002-B5A3-F393-E0A9-E50E24DCCA9E: アプリから見たらTX方向

とするのが正しそうですね。

編集者:すずき(2024/02/20 02:14)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
2024年2月23日 >>> 2024年2月10日
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

<2024>
<<<02>>>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829--

最近のコメント5件

  • link 24年1月24日
    すずきさん (02/19 18:37)
    「簡単にできる方法はPowerShellの...」
  • link 24年1月24日
    KKKさん (02/19 02:30)
    「追伸です。\nネットで調べたらマイクロソ...」
  • link 24年1月24日
    KKKさん (02/19 02:25)
    「私もエラーで困ってます\n手動での回復パ...」
  • link 24年1月24日
    すずきさん (02/13 11:48)
    「ありがとうございます。\n私のPCはもう...」
  • link 24年1月24日
    えはらさん (02/12 15:00)
    「Powershellのスクリプトは以下の...」

最近の記事3件

  • link 24年2月18日
    すずき (02/20 02:54)
    「[JavaとM5Stamp C3とBluetooth LE - ビルド準備編] 目次: ArduinoM5Stamp C3をB...」
  • link 23年6月2日
    すずき (02/20 02:49)
    「[Arduino - まとめリンク] 目次: Arduino一覧が欲しくなったので作りました。 M5Stackとesp32とA...」
  • link 24年2月16日
    すずき (02/20 02:22)
    「[JavaとM5Stamp C3とBluetooth LE - 導入編] 目次: Arduino以前の日記(2024年2月12...」
link もっとみる

こんてんつ

open/close wiki
open/close Linux JM
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 2021年
open/close 2022年
open/close 2023年
open/close 2024年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDFファイル RSS 1.0

最終更新: 02/20 02:54