日々

link permalink

風邪じゃないよ、インフルエンザだよ

かれこれ 3日くらい、38度くらいの熱がずっと続いていてなかなか治らなかったので、観念して病院に行ってみたら、A型インフルエンザが治りかけている形跡がある、もっと早く来てほしかった。と怒られました。

インフルエンザといえば「高熱」と「関節痛」というのは当然知っていたのですが、39度くらいからが高熱だと思っていたため、38度近辺を行ったり来たりの変な風邪くらいにしか思っていませんでした…。

しかし、私の「高熱」の判断基準は間違っていて、お医者さんいわく 38度を超える熱は「高熱」なのだそうです。ええ、次からはちゃんと病院に行きますとも、ええ。

最後に「もう薬は要らないから出さないけど、8日までは出勤禁止」ということと「他の人にうつしたらまずいから、マスクをつけなされ」と言われて、マスクを渡されて帰されました。

会計時に請求書をみたら、マスクがしっかり費用に請求されていました。「これあげるから、帰って休んどけ」的なことを言っていた気がしますが、私の幻聴だったようです。

さすが大阪、金に関してはシビアだ…!などと、どうでもいいことを思いながら家路に着きました。

[編集者: すずき]
[更新: 2013年 3月 21日 00:39]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ノート PC も安くなったもんだ

来月旅立つ VAIO type G 君の代わりに、Lenovo ThinkPad Edge E420(カスタムオーダー版)を買いました。CPU を Core i5 にして、Wireless LAN をグレードアップしても 4万8千円くらいでした。VAIO が 20万近くしたのを思えば、非常ーに安いです。

ちなみに ThinkPad と ThinkPad Edge は完全に別物です。私が勝手に ThinkPad の仲間だと思って買って、勝手にガッカリしただけなのですが…。名前が紛らわしいわ。

ThinkPad Edge E420 よいところ

安いです。壊しても痛くないとまで言いませんが、多少乱暴にされても心穏やかに居られます。

見た目に似合わぬ重厚感です。肘がぶつかっても机から転げ落ちたりしません。その代わり肘がめっさ痛い…。

安物っぽいツヤツヤのグレア液晶ではなく、ノングレア液晶です。バックライトの輝度も十分です。

性能はオーダー次第で決められます。てんこ盛りにすると高くなってしまうので、CPU Core i3/i5、メモリ 4GB、HDD モデル、くらいがコストパフォーマンスの良いポイントかと思います。

ThinkPad Edge E420 わるいところ

見た目がダサいです。しつこいけどこれは ThinkPad じゃないのさ。

ディスプレイは 14型ですが、解像度は 1366x768 しかなくて狭いです(オプションで変えられたかも?)。ベゼルも太めです。

液晶の上下視野角が狭いです。せっかく液晶ヒンジが 180度開くのに、縦方向から見るとまともな色に見えません。残念だ。

TrackPoint とタッチパッド両方ついています。どちらでも好きなほうを使えてお得と思わせておいて、片方が死蔵してしまう孔明の罠です。(※)タッチパッドは誤爆防止機能(キーを打った直後だけタッチパッド無効)付きなので、あっても邪魔にはなりません。

まとめ

お値段を考えると、なかなか良くまとまっているなあと感じました。

全体的に安っぽさが漂うのは否めませんが、中身は悪くないので、見た目は全然気にしないって人にはお勧めです。

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 2月 14日 02:51]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

近況

先週だったか、実験室の隣席に座っていた先輩が「もうこの泥沼プロジェクトは嫌だー。」ってボヤいていたので「大変ですよねー。」なんて笑っていました。

そうしたら先輩さらに曰く「いやいや、そっちの底なし沼プロジェクトよりマシだけどw」だって。おお、なんて的確な表現なんだ…言い返せないわwww

休日出勤

というわけで、底なし沼プロジェクトは休日出勤なのでした。来週もあるのかなあ?

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 2月 26日 13:20]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

何してるかわからん

ピアレビューをするとき、自分 or レビュー相手の席で普段使っているエディタでソースコードを見ながらやることが多いです。

先輩と私でレビューしていたとき、先輩に「すずき君が何してんのかようわからんけど、画面の動きがおもろいw」みたいなことを言われました。

私はお世辞にも Vim を使いこなしているとは言えませんが、Emacs(正確には Meadow)使いの先輩は Vim を見慣れていないので、モタモタ操作でもそんな風に感じるわけです。

じゃあその逆、つまり先輩の席でコードレビュー(当然 Meadow でソースコードを見ている)するときはどうか?というと…、

いやー、何してるか全然わかんないね!なんかガシャガシャやったら、見たいコードが出てきてハイライトされて、ちょいちょいーっと直っていくそんな不思議な感じ。

ウィザード

PC の世界に限らず、見慣れないものをすごい勢いで操作している人は、魔法使いみたいに見えますね。

珠算の日本一(名前に反してそろばん一切使わないけど)とか、ルービックキューブの早解きなんて、まさに魔法です。

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 2月 26日 16:07]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

休日出勤

底なし沼プロジェクト(2012年2月18日の日記参照)は順調に沈んで行っています。

休日出勤は電車が空いているのはいいけど、休みが短くなって悲しい…。

GNU global

コードを読むときに便利なのがタグジャンプです。私は vim + GNU global を使っています。会社に長年伝わる(意味不明な)秘伝のソースコードを解読するときに大活躍です。

タグジャンプって不思議と家では使わないのですが、一応、家の Debian マシンでも使えるように .vimrc を設定しました。

Vim の plugin はどこだ

ところで ~/.vim/plugin に入れる gtags.vim はいずこに?Fedora では /usr/share/global 辺りにあったと思うのですが、Debian にはそれらしいディレクトリはありません。

こんなときの apt-file に聞いてみると、/usr/share/doc/global/examples/ なんてところに、ご丁寧に gzip 圧縮して置いてありました。

うん、これはわからんね。しかし何故 doc の下に置くかね…。

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 2月 26日 13:22]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    ls /usr/share/doc/*/examples/ してみるとわかるけど、よくある話じゃないかな? Mercurial なんかも Emacs や Vim 用っぽいファイルがありますね。
    たぶん /usr/share/global みたいなのは Debian 的によろしくなくて、でも使いたい人はいるだろうからってことで examples に押し込んでいるんじゃないかと思ってます。需要が高ければ別パッケージになるんでしょうけど。 
    (2012年02月26日 13:55:25)
  • すずき 
    >hdk さん
    Debian のポリシーマニュアル 12.6 Examples には「These files should not be referenced by any program: they're there for the benefit of the system administrator and users as documentation only.」とあるから、プラグインを example に入れるのは邪道なんだろうね。

    global と Vim, Emacs の依存関係を持たせてプラグインを自動でインストールするか、hdk さんが言うように、プラグインだけ別パッケージにすべきなんでしょうけど、人気ないのかねえ。

    vim + global 便利だと思うんだけどなー。 
    (2012年02月26日 14:56:09)
  • IKeJI 
    個人プロジェクトだとコードサイズがばかでっかくなる事はないんで、ctagsだけで十分な気分になる事が多い気がします。 
    (2012年02月26日 21:24:27)
  • すずき 
    >IKeJI さん
    おひさしぶりー。
    確かに、自分で書いたコードには使わないですね。
    何をどこで呼んでるか大体わかるし、関数定義する場所も覚えていれば ctags すら使わないかも…。 
    (2012年02月27日 22:04:12)
open/close この記事にコメントする



link permalink

Eclipse が固まる

Eclipse のエディタは、変数名をカーソルでポイントすると、変数の型や Javadoc が自動的に出現します。とても便利なのですが、誰も定義していない変数(変数名を typo してるとか)をポイントしてしまうと、何かを探しに行ったまま Eclipse がフリーズします。

特にネットワークドライブなど I/O の遅い場所にプロジェクトを置いていると、現象が顕著に発生します。長いときは十秒くらい反応が返りません。カーソルを動かすたびに誤爆して固まるので、相当イライラします。

今まで我慢して使っていたのですが、いい加減ムカついてきたので原因を探ってみました。

原因

Editor の設定を調べると、どうも固まる原因は Hovers にあるようです。設定はメニューから辿って Window - Preferences - Java - Editor - Hovers にあります。

初期状態だと、
Combined Hover(右側空欄)
Externalized String(Ctrl+Alt)
Source(Shift)
が選ばれていると思います。下記のような意味です。

  • Combined Hover を表示するには何も押さずにポイント
  • Externalized String を表示するには Ctrl+Alt キーを押した状態でポイント
  • Source を表示するには Shift キーを押しながらポイント

Eclipse が固まるときは特にキーを押していませんから、Eclipse が固まる原因は Combined Hover ですが、これは名前の通り複数の機能の複合なのでもう少し絞込みが必要です。

真の原因

Combined Hover の説明を見るにリストの上から順に試してうまく行ったやつを表示するだけらしいので、Combined Hover のチェックをはずして、リストの上から他の機能を一個ずつ試してみます。

上から試した結果、Eclipse を固まらせる真の原因は Hovers の Problem Description だったとわかりました。さらに言うと Problem Description の「変数が未定義エラー」の表示だけが非常に低速です。「クラスが未定義エラー」や「スペルチェッカの警告」の表示はかなり高速です。うーん、何が悪いんでしょうね?

対策

Combined Hover を OFF にするとエディタが使いづらくなるので、良く使う機能(たぶん Javadoc でしょう)を単発で ON にして、Problem Description は暴発しないようにキーを押したときのみ発動させるように、設定を変更すると良いと思います。

個人的には Source は要らないので、
Problem Description(Shift)
Externalized String(Ctrl+Alt)
Javadoc(右側空欄)
としています。

注意点

Shift, Ctrl, Alt で 2^3 = 8通り(何も押さない場合を含んで)の組み合わせができますが、意外と Hover と組み合わせられるキーは少ないです。

ShiftCtrlAlt 説明
× × × 何も押さずにポイントしたときがこれ。
× × 使えるが、キーを離すとメニューにフォーカスが移ってしまって使いづらい。
× × 使えません、Eclipse のエディタの機能と衝突していて Hover が発動しません。
× 使える、デフォルトでは Externalized String に割り当て。
× × 使える、デフォルトでは Source に割り当て。
× 使えるが、キーを離すとメニューにフォーカスが移ってしまって使いづらい。
× 使える。
使えるが、3つも押すのが面倒くさい。

以上から、使いやすいのは、(何も押さない), Shift, Shift + Ctrl, Ctrl + Alt の 4つくらいですかねえ。

[編集者: すずき]
[更新: 2012年 2月 29日 20:31]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報