link もっと前
   2019年 7月 7日 -
      2019年 7月 16日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示
link 過去から未来へ表示(*)

日々

link permalink

Debian Buster が来た

いつもやっている apt-get dist-upgrade を実行して、ろくに読まずに Yes, Yes と適当に答えていたら、家のサーバーの Debian を Stretch から Buster にアップグレードしてしまいました。

アップグレードすること自体に何も悪い点はないですが、何も今日、刈谷のホテルからやる必要は全くなかったなあ、と反省しきりです。これで起動しなくなったら、明日の夜にアクセスできなくなって困りますね……。

今回は幸いなことに再起動後も元気に動作していたので、何ら被害はありませんでした。設定を大幅に弄っている場合など、たまに起動しなくなることがあるので、今後は遠隔地から大胆なアップデートをするのはやめておきます。

メモ: 技術系?の話は Facebook から転記しておくことにした。追記&文を組み換えた。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 8月 25日 22:41]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

OpenVX on OpenCL

会社の人に OpenVX の別実装があることを教えてもらったので、試してみました。

以前、ソフトウェア実装の OpenVX ライブラリを動かしました(2018年 11月 14日の日記参照)が、AMD の OpenVX の実装(GitHub へのリンク)を使うと、GPU で OpenVX を動かすことができます。

AMD の OpenVX 実装ではありますが、OpenCL を使うので GPU は Radeon である必要はなく、Intel の GPU でも OK です。これが共通 API たる OpenCL の良いところですね。私は現状 Radeon を持っていませんので、Intel の内蔵 GPU で動かしてみようと思います。

動かし方

まず OpenVX ライブラリをビルドします。Debian であれば opencl-c-headers 辺りが必要になるはずです。また GPU ドライバとして Intel GPU ドライバの OSS 実装である beignet を使います。Debian であれば beignet-dev, beignet-opencl-icd 辺りのパッケージでインストールできます。

AMD OpenVX ライブラリのビルド
$ git clone https://github.com/GPUOpen-ProfessionalCompute-Libraries/amdovx-core
$ cd amdovx-core

$ mkdir build
$ cd build
$ cmake ../
$ make -j4

テストには前回も活躍した OpenVX アプリを使用します。OpenCV のバージョンは 3.2 です。もし古いバージョンの OpenCV を使っている場合は -lopencv_videoio オプションを外してください(おそらく「そのようなライブラリは存在しない」とエラーが出る)。

OpenVX サンプルアプリケーションのビルド
g++ solution_exercise1.cpp -Wall -I../include \
  -lopencv_video -lopencv_videoio -lopencv_highgui -lopencv_imgproc -lopencv_core \
  -lopenvx -L/path/to/amdovx-core/build/lib

前回とほぼ同じですので、さほど難しくないと思います。

GPU の実力

ビルドできましたので、実行……をする前に、vxProcessGraph の前後に時間計測のコードを入れておきます。

時間計測のパッチ

diff --git a/tutorial_exercises/solution_exercise1/solution_exercise1.cpp b/tutorial_exercises/solution_exercise1/solution_exercise1.cpp
index c7b8e21..ebc07e5 100644
--- a/tutorial_exercises/solution_exercise1/solution_exercise1.cpp
+++ b/tutorial_exercises/solution_exercise1/solution_exercise1.cpp
@@ -30,6 +30,8 @@
  *          Kari Pulli             <kari.pulli@gmail.com>
  */
 
+#include <sys/time.h>
+
 ////////
 // Include OpenCV wrapper for image capture and display.
 #include "opencv_camera_display.h"
@@ -368,6 +370,8 @@ int main( int argc, char * argv[] )
     // Process the video sequence frame by frame until the end of sequence or aborted.
     for( int frame_index = 0; !gui.AbortRequested(); frame_index++ )
     {
+        struct timeval st, ed, el;
+
         ////////********
         // Copy the input RGB frame from OpenCV to OpenVX.
         // Use vxAccessImagePatch and vxCommitImagePatch APIs (see "VX/vx_api.h").
@@ -407,8 +411,11 @@ int main( int argc, char * argv[] )
         //      if the frame_index == 0 (i.e., the first frame of the video
         //      sequence), otherwise, select the feature tracking graph.
         //   2. Use ERROR_CHECK_STATUS for error checking.
+        gettimeofday(&st, NULL);
         ERROR_CHECK_STATUS( vxProcessGraph( frame_index == 0 ? graphHarris : graphTrack ) );
-
+        gettimeofday(&ed, NULL);
+        timersub(&ed, &st, &el);
+        printf("ProcessGraph:%d.%06d[s]\n", (int)el.tv_sec, (int)el.tv_usec);
 
         ////////********
         // To mark the keypoints in display, you need to access the output

実行環境は下記のとおりです。

  • CPU: Pentium J4205/1.50GHz
  • Mem: DDR3L-1600 8GB x 2
  • GPU: Intel HD Graphics 505/250MHz(J4205 内蔵)

最初にソフトウェア版のライブラリを実行します。

OpenVX サンプルアプリケーション(ソフトウェア版 OpenVX)
$ LD_LIBRARY_PATH=/path/to/openvx1.1/out/LINUX/x86_64/release/ ./a.out

OK: FILE ../../tutorial_videos/PETS09-S1-L1-View001.avi 768x480
LOG: [ status = -1 ] Hello there!

ProcessGraph:0.254740[s]
ProcessGraph:0.183655[s]
ProcessGraph:0.181082[s]
ProcessGraph:0.180022[s]
ProcessGraph:0.182914[s]
ProcessGraph:0.180622[s]
...

最初のフレームは HarrisCorner による角検出、それ以降のフレームはトラッキングに要した時間です(そういう内容のデモです)。トラッキングに大体 180ms 程度、掛かっている様子がわかります。

次に内蔵 GPU で実行します。

OpenVX サンプルアプリケーション(GPU 版 OpenVX)
$ DISPLAY=:1 LD_LIBRARY_PATH=/path/to/amdovx-core/build/lib ./a.out

OK: FILE ../../tutorial_videos/PETS09-S1-L1-View001.avi 768x480
LOG: [ status = -1 ] Hello there!

LOG: [ status = 0 ] OK: OpenVX using GPU device#0 (Intel(R) HD Graphics Broxton 0) [OpenCL 2.0 beignet 1.3] [SvmCaps 0 0]

ProcessGraph:0.030192[s]
ProcessGraph:0.016439[s]
ProcessGraph:0.015872[s]
ProcessGraph:0.015629[s]
ProcessGraph:0.015629[s]
ProcessGraph:0.015679[s]
...

トラッキングに 16ms 程度しか掛かりません。正直言って GPU としてはローエンドの下の方ですが、J4205 の CPU 処理と比較すると圧倒的に速いです。GPU 恐るべしですね。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 7月 16日 02:26]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

埼玉を洪水から守る

首都圏外郭放水路 庄和排水機場(埼玉県春日部市)の調圧水槽と第一立坑(たてこう)の見学に行きました。


庄和排水機場の外観

首都圏外郭放水路とは、洪水多発地域の中川流域(埼玉県の東部)を洪水から保護するため、中川、綾瀬川といった中小河川の水を地下経由で引き込み、ポンプで引き上げて江戸川に放流する仕組みです。


首都圏外郭放水路の概要

ちなみに国の施設でして、管轄は国土交通省(サイトへのリンク)です。

見学

見学コースの一つである、調圧水槽は、地下神殿との呼び名もあるほどで、広大な空間とたくさんの柱があります。

柱の役割がわかっていなかったのですが、係の方の説明によると、周りの地下水の浮力で調圧水槽が浮き上がってしまうので、重い天井と柱で、水槽を下に押しつけているそうです。


調圧水槽

第一立坑は高さ 70mの大迫力で、一番上の壁沿いに組まれた足場から下を見ることができます。私は高いところが苦手でして、非常に怖かったです。足が進まないし、変な汗が止まりません。

怖すぎて壁際にずっとしがみついていたため、写真を撮る余裕がありませんでした。一緒に行ったみなさまが高いところが平気なようで、写真をバシバシ撮っていましたので、一枚恵んでもらいました。


第一立坑(たてこう)

高いところ(立坑)はもう懲り懲りですが……、今回参加したコースとは別の見学コース(排水ポンプ室に入れる)もあるらしいので、別コースにもぜひ行ってみたいですね。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 8月 25日 23:50]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2019年 7月 7日 -
      2019年 7月 16日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 11/11 11:44

カレンダー

<2019>
<<<07>>>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

最近のコメント 5件

  • link 19年09月01日
    すずき 「私も正直びっくりです。間違って違う製品を...」
    (更新:09/04 23:39)
  • link 19年09月01日
    hdk 「車向けの製品の中でも、車載コンピューター...」
    (更新:09/02 23:20)
  • link 19年07月18日
    hdk 「あっ、AAMはマニュアルのオペレーション...」
    (更新:07/25 00:02)
  • link 19年07月18日
    すずき 「AAM(ASCII Adjust AX ...」
    (更新:07/24 22:22)
  • link 19年07月18日
    hdk 「加算減算は符号のありなしどちらも命令が同...」
    (更新:07/24 07:25)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 19年11月07日
    すずき 「[独自の apt サーバー - その 6 - ソースコードパッ] ...」
    (更新:11/11 11:44)
  • link 19年08月29日
    すずき 「[独自の apt サーバー - その 5 - 複数のセクション] ...」
    (更新:11/08 00:41)
  • link 19年08月13日
    すずき 「[独自の apt サーバー - その 4 - まとめ] 独自の a...」
    (更新:11/08 00:41)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報