link もっと前
   2018年 11月 24日 -
      2018年 11月 15日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

電車広告

山手線の新型車両の車内広告は、横並びの 3つの液晶ディスプレイを使いますが、各社で広告の見せ方が違って面白いです。

左から並べたとき、

  • 動画A、B、C(日テレ、日産)
  • 動画A、A、A(シスコ、モビット)

動画、静止画の混在パターンもありました。

  • 静止画a、動画A、静止画a(Google、JR)
  • 動画A、静止画a、動画A

静止画のみのパターンもあります。

  • 静止画a、b、c(シースリー)
  • 静止画a、a、a(官公庁)

不思議なもので、3画面全て動画じゃなくても見栄えはします。しかし同じ静止画にされると、映っているものに関わらず、手抜き感を強く感じます。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 11月 27日 23:42]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ゲーミングスマホ

ASUS、ゲーミングスマホ「ROG Phone」を 11月 23日に発売 - ケータイ Watch を読んで。

ゲーミングスマホを見ていると、割と高い(11万円)し、ゲーム画面が小さいし、これ売れるのかな?と思いますけど、スマホに吸収された機能って、何だかんだ言われつつ最後には駆逐されているし、いずれゲーム機もスマホに吸収されるんですかね?

スマホは「独自」と「最高性能」が売りで、ゲーム機は「均一」と「最低性能を保証」が売りで、設計の方向性の違いがあるので、個人的にはしばらくはゲーム機の置き換えは難しいだろうと踏んでいますけども。

PC の代わり?

Facebook でゲーミング PC の延長線ではないかというコメントを貰いました。言われてみればゲーム機というより、PC に近い設計思想だなと思いました。

スマホが当たり前の世代だと、PC を触ったことのない人も多いと聞くので、ゲーミング PC がそのうちスマホに喰われるかもしれませんね。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。一部加筆した。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 11月 27日 23:37]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

挙動のおかしい Kindle Fire HD

Kindle Fire がおかしいのは今に始まったことではないのですが、いくつかのタイトルのマンガがダウンロードできません。困りました。

Kindle Fire で本をダウンロードする方法は、私の知る限り 4つありますが、うまくいったりいかなかったり変な挙動です。

  • ライブラリの作品名クリック: NG
  • Kindle ストアの「ダウンロード」(オレンジ色): NG
  • シリーズページの「今すぐ読む」(緑色): OK
  • サンプル版の最後のページから「製品版を購入」: エラー

ちなみに PC と Android にも Kindle のアプリはありますが、どちらも正常にダウンロードできます。

  • PC 版 Kindle: OK
  • Android 版 Kindle: OK

Kindle Fire は安さが魅力的ですが、非常にイマイチな出来です。初代 Kindle Fire HD も 100冊くらいでハング連発したり起動不能になったり挙動不審でしたし、今使っている第七世代 Kindle Fire HD もハングこそしませんが、上記のような変な挙動をします。

Kindle ストアで買った本なのに「この書籍は DRM で保護されているので表示できません」エラーが出たこともありました。はあ?何言ってるの??と思って、もう一回表示させたら何事もなかったかのように表示されます。本当に意味不明です。

DRM 掛かってる本なんて Amazon の本しかないよ!

Kindle Fire HD 復活

最近は、新しく買ったマンガまでダウンロードできなくなってしまい、せっかく買ったのに読めなくて困っています。これはいよいよファクトリリセットか?マンガもアカウント設定も何もかも消えるから、再設定が面倒くさいんだよなーなどと考えていたのですが。

謎の「コンテンツ管理サービス」というアプリのデータを消去したら、ダウンロードできない病が直った気がします。

とりあえずこの状態でしばらく運用してみようと思います。

Kindle Fire HD の代わりは?

Kindle はもう嫌になったので、次は買わないと思います。しかし、困ったことに代わりになりそうなタブレットがありません。

Android タブレット市場は、Kindle が利益度外視の安値攻勢で全て焼き払ってしまいました。特にマンガを読むのに適した 10インチ級のタブレットは、新製品がほとんど発売されません。困ったね……。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。一部加筆。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 11月 27日 23:32]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

OSS と仕様書

オープンソース製品の「仕様」 - 赤帽エンジニアブログを読んで。

前職では Linux に限らず OSS の仕様について質問されたことは何度かありますが、今同じことを聞かれたら、この記事を紹介したいですね。仕様が〜!と質問してくる人に対して感じていた、モヤモヤ感をスッキリ説明してくれるとても良い内容です。

今は自動車関連の会社に在籍している訳ですが、自動車の考え方と、OSS の考え方は合わなさそうな気がしました。

とはいえ今の時代、ソフトウェア開発において、OSS を完全に無視することはできませんし、OSS の劣化コピーなんて素人が作っても品質悪いだけで、金と時間の無駄なので、どこかうまく折り合いをつける必要があるでしょうね。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。11/11 の投稿が元、一部加筆。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 11月 27日 23:01]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Windows 10 と Samba

Windows からアクセスするファイルサーバには Samba を入れていますが、なぜか Windows 10 から接続できるマシンと、接続できないマシンがあって、ずっと理由が分からずほったらかしにしていました。

結論から言えば、Samba で無効なユーザでログインを試みた際に、ゲストにフォールバックする機能を有効にしていることが原因で、Windows 10 がサーバへの接続を拒否していました。

これは Samba の map to guest = bad user に設定されていると発生します。大抵のディストリビューションで Samba をインストールすると、この設定になっていると思います。設定の意味ですが Windows 10 側のユーザ名が AAAA だとして、Samba 側のユーザ名に AAAA が存在しない場合、Samba は不明なユーザをゲストユーザとしてログインさせようとするそうです。

この動きに対して Windows 10 は拒否反応を示して、接続を切ってしまいます。不明なユーザなら、ログイン確認画面を開いてユーザ名から確認すれば良いのに、何も出さずに「接続できませんでした」と言ってくる始末です。

問題を解決するには Samba の map to guest = never に設定すれば直りました。Windows 10 がユーザ名とパスワードを聞いてくるようになります。

なお、現象の見分け方は、イベントビューア(eventvwr.msc /s)の
[アプリケーションとサービスログ] - [Microsort] - [Windows] - [SMBClient] - [Security]
を見たときに、エラー、イベント ID 31017 が記録されていて、

Windows のエラーイベント

安全でないゲスト ログオンを拒否しました。

ユーザー名: 
サーバー名: (サーバの IP アドレス、コンピュータ名などが入る)

ガイダンス:
このイベントは、サーバーがユーザーを未認証のゲストとしてログオンさせようとした結果、
クライアントによって拒否されたことを示します。ゲスト ログオンでは、署名と暗号化などの
標準のセキュリティ機能はサポートされません。このため、ゲスト ログオンは、重要な
データをネットワーク上に漏えいさせる可能性のある man-in-the-middle 攻撃に対して脆弱
です。Windows では、ゲスト ログオンは既定で無効になっています。Microsoft では、安全
でないゲスト ログオンを有効にすることは推奨していません。

こういうエラーが記録されていたら、該当していると思われます。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 11月 17日 01:29]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    -in-に色がついていますね :-)
    この設定、たぶん昔のWindowsも同様に拒否されるんだと思います。ウチではいつもユーザー名を指定して接続を使っていました。ファイルコピーが主な用途だったので、OpenSSHが使えるようになった今は外からscp/sftpで済ませてしまいますが... 
    (2018年11月17日 08:18:34)
  • すずき 
    hdk さん

    色は自動で付けているので…、たまに変になります。お気になさらず。

    昔の Windows でも発生していたかどうかはわからないです。ググっても出てこなかったんですが、困っている人は居ないのかなあ…。

    確かに Windows 10 なら SSH も使えますね。ファイルコピーという意味では等価ですが、Samba なら Windows 側から見たとき、ファイルシステムと統合してくれるのが利点ですね。 
    (2018年11月17日 13:15:59)
  • hdk 
    あっ、拒否されるというのは昔のWindowsにWindows 10からつなぐと拒否されるのではという意味でした。わかりにくくてすみません。 
    (2018年11月17日 21:07:01)
  • すずき 
    なるほど、Windows 10 と古い Windows の間でも同じ問題があるってことですね。

    しかしそれだとなおさら同じ問題で困っている人が居そうなものなのですが…。探し方が悪かったかなあ?? 
    (2018年11月17日 22:47:38)
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2018年 11月 24日 -
      2018年 11月 15日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 12/10 12:33

カレンダー

<2018>
<<<11>>>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

最近のコメント 5件

  • link 18年11月28日
    すずき 「Linux に contribute す...」
    (更新:12/10 12:33)
  • link 18年11月28日
    T4 「やっぱり貴方でしたか、ご苦労さまでした。...」
    (更新:12/05 09:20)
  • link 18年11月28日
    すずき 「RK3228 じゃなくて RK3288 ...」
    (更新:12/05 02:19)
  • link 18年11月28日
    すずき 「ありがとうございます。Linux のコミ...」
    (更新:12/05 02:04)
  • link 18年12月01日
    すずき 「私も最初、HDD, SSD は使いまわそ...」
    (更新:12/04 12:49)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 18年11月29日
    すずき 「[ROCK64 のアナログオーディオが動いた] 先日(2018年 ...」
    (更新:12/03 10:21)
  • link 18年12月01日
    すずき 「[PC パワーアップ計画] 普段、家の PC のパワー不足を感じる...」
    (更新:12/02 18:32)
  • link 18年11月28日
    すずき 「[ROCK64 の I2S1 が動いた] 先日(2018年 11月...」
    (更新:12/02 16:34)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報