link もっと前
   2020年 11月 2日 -
      2020年 10月 24日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

2020年 11月 2日

link permalink

link 編集する

10,000冊突破(99.9%はマンガ)

ついに Kindle の本が 10,000冊を超えました。間違って買った 10冊以外は全部マンガですから、ほぼマンガのみで 10,000冊です。


Kindle 10,000冊突破

読むものがなくなる心配は全くないです。これでも「Kindle で扱っているマンガ(83,243 冊)」の 1/8 にもならず、「日本で商流に乗っているマンガ」となれば、1/10 にも満たないでしょう。いかに日本がマンガ大国かが窺い知れると思います。

実際、これだけ買っても、私が子供の頃の名作すらほとんど入っていません。昔の作品まで買い始めると、10,000冊では済まないと思います。

今後

2013年 4月に Kindle を買って、およそ 7年半くらいです。今後も増加のペースはさほど変わらないでしょう(読む時間がないので)から、残りの人生の全てを掛けても 10万冊に届くことはありません。全てのマンガが突然全て消えたりしない限り、生きている間にマンガが枯渇して読めなくなることは、絶対にありません。安心ですね。

自分には合わない作品も多々あるでしょうし、総数が 10万冊では足りなくなるのでは?と思われるかもしれませんが、マンガの新作は毎月たくさん出ていますから、自分が楽しいなと思う作品に限っても枯渇することはまずないでしょう。

つまり一生続けられる趣味です。素晴らしい。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。大幅に加筆修正。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 11月 4日 20:26]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2020年 10月 31日

link permalink

link 編集する

FreeRTOS で遊ぼう その 5 - FreeRTOS のパッチ投稿の経過

目次: FreeRTOS を調べる - まとめリンク

FreeRTOS へ送った Pull Request にレビューコメントが来ました。確か Pull Request は 9/14 に送ったので 1か月半くらい経ってます。FreeRTOS はのんびり屋さんですね。

あまりにも昔なので、送ったことを忘れかけていましたが、せっかくレビューしていただきましたし、内容を思い出しつつ、指摘事項を全て修正して再送しました。

ただ残念ながら FreeRTOS は SMP に対応していないのがわかったときから、あんまり興味がなくなっちゃったんですよね……。

世の中には SMP 対応の派生コード(Xtensa 用 by Cadence, Tensilica)、SMP ではないマルチコア対応の派生コード(Kendryte 用 by Canaan Inc.)もありますが、本家がマルチコア化に全く手を出していないところを見ると、FreeRTOS は質素が売りなんでしょうね。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 11月 1日 18:17]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2020年 10月 26日

link permalink

link 編集する

ROCKPro64 の I2S クロックとピン制御

目次: ROCK64/ROCKPro64 - まとめリンク

ROCKPro64 で I2S0 を無効にすると、なぜか無関係なはずのアナログオーディオ(I2S1)が鳴らなくなる、謎の挙動を示します。原因を調べてみると搭載 SoC である Rockchip RK3399 の不思議な設計が原因でした。

I2S は大まかにいうと 4種類の信号を使います。

MCLK
マスタークロック。DAC などを駆動させるためのクロックです。LRCK の 2 のべき乗倍を要求されることが多いです。典型的な倍率は 128, 256, 384, 512 など。
SCLK
システムクロック。I2S データの 1ビットを表すクロックで、LRCK の 64倍です。
LRCK
LR クロック。I2S データフレームのビットが、L チャネルまたは R チャネルのどちらに属するかを示すクロックです。クロック周波数=サンプリング周波数です。
DATA
データ。I2S, Left Justify, Right Justify などエンコーディングの方法は何通りかあります。

SoC(RK3399)の仕様

RK3399 の仕様をみると MCLK の出力(RK3399 のピン名だと I2S_CLK)を I2S0 と I2S1 で共用しています。普通、MCLK は I2S に流す信号によって周波数が変わりますから、共用はしません。できる場合もありますが限定的です。

I2S のハードとしては性能は等価に見えます。ただし SoC のピン設定の仕様を見る限りでは、I2S0 は 8ch 出力まで可能、I2S1 は 2ch 出力のみ可能です。

ボード(ROCKPro64)の仕様

I2S0 は RaspberryPi 互換ピンヘッダに出力されていますが、MCLK は出力されていない不思議な構成です。MCLK がなくても動く DAC はあるのでしょうか……?

I2S1 は Everest ES8316 という DAC に接続され、アナログオーディオ In/Out を実現しています。I2S_CLK は I2S1 用、つまり ES8316 の MCLK に接続されています。

ROCKPro64 の仕様としては、I2S0 は遊ばせていて、I2S1 はアナログオーディオ用に接続している、と考えれば、特に違和感はない構成です。

OS(linux-next)の仕様

Device Tree を見ると、I2S_CLK は I2S0 の有効、無効の設定に連動して、出力ピンが制御されるように実装されています。

しかし先ほども言った通り ROCKPro64 の場合は、I2S_CLK は I2S1 のために使われているので、この設定はボードの配線と合っていません。

直し方としては、I2S_CLK を I2S0 に連動させる設定(既に存在する)に加えて、I2S_CLK を I2S1 に連動させる設定を加えて、ボード側でピン設定を選ぶようにすると直せそうです。Device Tree 内のピン設定がやたら増えるのは難点ですが、RK3399 の仕様に由来するので仕方ないですね。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 11月 4日 08:58]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2020年 10月 25日

link permalink

link 編集する

算数の問題

Twitter でこんな問題(リンク)を見かけたので、やってみました。緑色の図形の面積を求めよ、という問題です。


問題

算数で解く=方程式やルートを使わない、という意味だと理解し、図形の合同性だけで解いてみます。


解答例

こんな感じで答えは 4 です。小学生にも解ける問題といえばそうなんでしょうけど、自分が小学生だったころに解けただろうか、と考えるとどうだろうね?

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 10月 29日 23:51]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2020年 11月 2日 -
      2020年 10月 24日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 11/27 00:11

カレンダー

<2020>
<<<11>>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----

最近のコメント 5件

  • link 20年09月10日
    すずき 「追加情報。最新の Debian Test...」
    (更新:10/07 16:48)
  • link 20年09月20日
    hdk 「最近は音楽聞く時やビデオ視聴時はミニコン...」
    (更新:09/24 21:43)
  • link 20年09月20日
    すずき 「ありゃー、同じ壊れ方ですね。\n新たなヘ...」
    (更新:09/24 00:23)
  • link 20年09月20日
    hdk 「うちのATH-AD300もやはり頭にプラ...」
    (更新:09/23 12:26)
  • link 20年07月10日
    すずき 「鳥のゲームは知りませんでした。色々やって...」
    (更新:08/11 18:59)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 20年11月19日
    すずき 「[世界耐久選手権] WEC 2019-2020年シーズン 第 8戦...」
    (更新:11/27 00:11)
  • link 20年11月23日
    すずき 「[調子が良くない Windows 10] 最近ノート PC という...」
    (更新:11/24 01:55)
  • link 20年11月21日
    すずき 「[Zephyr のダウンロードとモジュール] 目次: Zephyr...」
    (更新:11/24 01:39)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報