link もっと前
   2020年 8月 6日 -
      2020年 7月 28日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

link permalink

link 編集する

エアコンが落ちそうで怖い

Twitter で「これ便利」と紹介されているのを見て知りました(製品紹介へのリンク)。エアコンハンガーというそうです。見た瞬間から「うわー!やめてくれー…エアコンは物干しじゃない」という感想しか浮かびません。

エアコン据付板の耐荷重はマチマチで、耐荷重ギリギリの可能性もあります。ハンガーの耐荷重(5kg)を追加で吊って、エアコン室内機が頭の上に落ちてきたら大ケガします(室内機の重さは 10〜15kg)。

パナソニックのエアコン説明書にある山盛りの注意書きを見ましたが「エアコンにモノを吊り下げると、落下しケガする」とは書いていませんでした。家電のユーザーはメーカー想定を超える壊し方をすることは、一応知ってましたが、実例を目の当たりにしたのは初めてです。全く嬉しくないですね。

エアコンハンガーの利用で、事故やケガにあっている人がいないことを祈ります……。 ちなみに、エアコンハンガーのメーカー注意書きに、

「下地がしっかりしていない壁に取り付けられているエアコンには使用しないでください。エアコンが落下する恐れがあります。(例: 下地にベニア板の無い石膏ボードなど)」

と言い訳が書いてありますが、一般人が壁の素材と下地を知るわけないでしょう?本気で言ってるのか??

メモ: 技術系?の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 8日 14:24]

コメント一覧

  • hdk 
    言い訳がいいですね。実際にもし石膏ボードをボリボリと壊して落下したとして、室外機との接続があるから床までは落ちないんですかね。傾くくらいで済むのかな。 
    (2020年08月08日 14:57:39)
  • すずき 
    室内の銅配管は段々硬くなるので、床に落ちることはないと思います。
    とはいえ、うちのように結構室内の配管が長いと、頭には当たるかもしれないですね。 
    (2020年08月10日 17:53:18)
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

SPDIF/HDMI ビットストリームパススルー

以前(2020年 8月 1日の日記参照)購入した SONY MDR-HW700DS が届きました。早速 RockPro64 で HDMI のビットストリームパススルーをテストしたいと思います。

おさらい

ビットストリームパススルーは、SPDIF や HDMI に対して、圧縮音声データ(Dolby AC-3, DTS, MPEG2 AAC など)をデコードせず、そのまま送信する方式です。この方式の最大の利点としては、サラウンド音声が楽しめる点が挙げられます。

SPDIF は帯域が狭く、デコード後のサラウンド音声(LPCM 5.1ch)を送れません。しかし SPDIF 上を圧縮音声のまま送信し、受信機であるホームシアターシステム側で音声をデコードすることで、SPDIF でもサラウンド音声が楽しめます

HDMI の場合は利点がないかと言うとそうでもありません。LPCM 5.1ch を送出できない機器もありますし、ホームシアターシステムに適したデコードやミキシングができる可能性もあります。

パススルーのやり方

SPDIF/HDMI パススルーに対応したプレイヤーはいくつかあるようですが、今回は mpv を使用します。

GitHub にある ALSA のコンフィグファイル(GitHub へのリンク)を ~/.asoundrc などに追記します。再生時に audio-spdif オプションで出力フォーマットを指定します。再生するファイルの音声フォーマットと合っていれば、パススルーで出力されます。

パススルーあり
$ mpv --no-video a.ac3 --audio-spdif=ac3 --audio-device="alsa/HDMI.pcm.hdmi.0:0"

Playing: a.ac3
[ffmpeg/demuxer] ac3: Estimating duration from bitrate, this may be inaccurate
 (+) Audio --aid=1 (ac3 6ch 48000Hz)
AO: [alsa] 48000Hz stereo 2ch spdif-ac3    ★AC3 になっている
A: 00:00:02 / 00:05:36 (0%)


HDMI に Dolby AC-3 をパススルーで出力

SONY MDR-HW700DS のステータス画面は本体のインジケーターではなく HDMI の画像データにオーバーレイするタイプなので、HDMI ディスプレイの写真を取りました。狙い通りに AC-3 が再生されている様子がわかります。

オプションを間違えたり、オーディオデバイス番号を間違えてもエラーにはならず、再生が開始されますが、パススルーではなくデコードされ LPCM で再生が開始されます。

パススルーなし(オーディオデバイスを指定し間違えた例)
$ mpv --no-video a.ac3 --audio-spdif=ac3 --audio-device="alsa/hw:0"    ★間違えて hw:0 にした

Playing: a.ac3
[ffmpeg/demuxer] ac3: Estimating duration from bitrate, this may be inaccurate
 (+) Audio --aid=1 (ac3 6ch 48000Hz)
ALSA lib conf.c:4898:(parse_args) Unknown parameter AES0
ALSA lib conf.c:5031:(snd_config_expand) Parse arguments error: No such file or directory
ALSA lib pcm.c:2565:(snd_pcm_open_noupdate) Unknown PCM hw:0,AES0=6,AES1=130,AES2=0,AES3=2
[ao/alsa] Playback open error: No such file or directory
[ao] Failed to initialize audio driver 'alsa'
[ao] This audio driver/device was forced with the --audio-device option.
[ao] Try unsetting it.
AO: [alsa] 48000Hz stereo 2ch s32    ★LPCM になっている
A: 00:00:02 / 00:05:36 (0%)


HDMI に LPCM で出力

その他の注意点として、受信機側がパススルー出力で送った圧縮音声に対応していない場合、LPCM だと思って再生してしまい、バリバリバリ!!という凄まじい音量のノイズが再生されることがあります。お試しの際は、音量を小さくしてからテストしてください。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 10日 20:22]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

RockPro64 の HDMI から音を出す

今更ですが、メモしていなかった気がするので、RockPro64(Rockchip RK3399 搭載)で HDMI Audio を有効にする方法です。

方法は簡単で Linux の CONFIG_DRM_DW_HDMI_I2S_AUDIO と、CONFIG_GPIO_SYSCON を有効にすれば良いです。8/7 時点の linux-next のツリーでは、make defconfig すると、GPIO_SYSCON は n で、ビルド対象外になっています。手動で下記の設定を有効にする必要があります。

linux-next で有効にするコンフィグ(元から有効になっているものも含む)
  Device Drivers  --->
    -*- GPIO Support  --->
      Memory mapped GPIO drivers  --->
        [*] GPIO based on SYSCON
    Graphics support  --->
      Display Interface Bridges  --->
        [*] Synopsys Designware I2S Audio interface
    [*] Sound card support  --->
      [*]   Advanced Linux Sound Architecture  --->
        [*]   ALSA for SoC audio support  --->
          CODEC drivers  --->
            [*] Everest Semi ES8316 CODEC

CONFIG_SND_SOC_ES8316 はアナログオーディオを使いたい場合に有効にしてください。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 8日 14:14]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

RockPro64 と音声ビットストリームパススルー出力

去年だったか、RockPro64 の HDMI 音声出力を有効化するパッチを linux-next に送ろうとしたことがあります。当時のレビューコメントで SPDIF と HDMI の音声ビットストリームパススルー出力(※1)は動くか?と聞かれたものの、テスト環境がなかったため、わからないまま挫折してしまいました。

今回、再チャレンジにあたり、テスト用に SPDIF と HDMI の音声ビットストリームをデコードできる機械を探しました。これがどうして、お手頃価格の良い商品が見当たらないです。

Amazon では SPDIF のみ対応の商品がありました。メーカーが怪しい、色んなバージョンが色んな店から売られている、そもそも動くの??など不安は募りますが、ダメ元で購入しました。

大手メーカー製を探すと、ホームシアター用ヘッドホンシステム 3〜4万円、もしくは AV プリアンプ 10万円 over!のような大げさな商品しかありません。

音声ビットストリームパススルー出力が、いかに高コスト&需要がないか良くわかりました。普通の人は音声信号が LPCM かパススルーかなど細かいことは気にしませんから、当然の成り行きでしょうね。

(※1)音声信号として LPCM ではなく、Dolby Digital(AC-3)や DTS をデコードせず圧縮音声のまま SPDIF や HDMI に出力する方式のことです。デコードは受信機器側で行います。

SPDIF 用のテスト機材

SPDIF パススルーのテスト用に、中国製と思われる謎の機械(型番なし、筐体には HD AUDIO RUSH と書いてある)を購入しました。Amazon で 4,000円くらいです。安い!事前の不安をよそに音は正常に鳴っています。素晴らしいです。

しかし本体にコーデックのインジケータがなく、LPCM か音声ビットストリームか全く判別がつきません。テスト用の機材としてはイマイチでした。10分に 1回くらい SPDIF 信号の PLL ロックが外れた(?)と思われる、数秒レベルの音切れが発生します。RockPro64 の出す信号が悪いのか、HD AUDIO RUSH が悪いのか、切り分けできず真因は不明です。

SPDIF だけだと LPCM 96kHz 16bit 2ch(3.072Mbps)のような、SPDIF(Max 1.5Mbps)の帯域を超える音声信号はテストできません。無理やり流すと酔っ払いが演奏してるみたいな変な音になります。HD AUDIO RUSH くん以外に HDMI 用のテスト機材が必要です。

HDMI 用のテスト機材

HDMI のテストならテレビ(Panasonic TH-L37DT3)で確認できるだろ、と思っていたら、HDMI 音声入力は LPCM 2ch のみの対応でした。LPCM は 2ch 以外にも 5.1ch 出力(※2)がありますがテストできません。ダメだこれ。

覚悟を決めてサラウンドヘッドフォンシステム SONY MDR-HW700DS を注文しました。37,000円くらいします、高い!まだ家に届いていませんが、来週辺りかな、人生初の SPDIF/HDMI 音声ビットストリームパススルー対応機器が手に入ります。

(※2)身近な例でいうと Nintendo Switch のサラウンドモードが、LPCM 5.1ch 出力を使います。試しに Switch をサラウンドモードにすると、テレビから全く音が出ませんでした。がっかり。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 2日 22:39]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

またバッテリー死す

コロナ騒ぎが始まって、遠出することもなくなり、かれこれ 4か月以上?車に乗らず放置していました。

骨折した奥さんを整形外科におくるため、JAF さんに車のバッテリー上がりを直してもらったんですけど、バッテリー電圧がなんと 1V しかありません。えー??

車のバッテリー(鉛蓄電池)の端子電圧は 12V 程度が正常ですから、10V の見間違い?と思いましたけど、何回見ても 1.0V でした。乾電池だってもうちょっと電圧あるでしょう。

今まで何度となくバッテリー上がりさせ、バッテリー破壊もこれで 4度目(2007年、2013年、2016年、2020年)ですけど、1V まで下がったのは初めてです。

割とお高い GS YUASA 80D23L 大容量バッテリーを使っていたのですが、いかなるバッテリーであろうと、このレベルの過放電には無力ですね。エンジン掛かった後も全く充電される気配がありませんでした。

近所のイエローハットまでバッテリー交換しに行く道中が一番嫌でした。

  • 4か月ぶりの運転
  • バッテリー電圧が 12V 〜 11V くらいでグラグラ
  • アイドリングが不調で止まりそう(バッテリー上がりでエンジンの調整データが消えた?)
  • エンストしたら二度と掛からない

こんな状態で、産業道路〜環七〜第二京浜と走るのはかなり怖いです。無事に辿り着けて良かったけども。

また懲りずに Panasonic 85D23L の大容量バッテリーに交換しておきました。3万円くらいしました。たっけぇ……。今年は車検もあるし、全然乗ってない割に金ばっかり掛かってます。不思議ですね。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 29日 21:06]

コメント一覧

  • hdk 
    さすがに月イチくらいは動かしてあげてください...
    ウチの原付は中古で買ってから8年半以上経っているんですが、バッテリーはそのままで未だにエンジン始動できています。買った半年後にやや電圧が低いようなことを言われていたのに、不思議です。 
    (2020年07月30日 21:40:40)
  • すずき 
    乗る用事はないし、乗ろうと思って、いつも忘れてしまうんですよね。。。 
    (2020年07月30日 22:19:51)
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2020年 8月 6日 -
      2020年 7月 28日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 9/24 21:43

カレンダー

<2020>
<<<08>>>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

最近のコメント 5件

  • link 20年09月20日
    hdk 「最近は音楽聞く時やビデオ視聴時はミニコン...」
    (更新:09/24 21:43)
  • link 20年09月20日
    すずき 「ありゃー、同じ壊れ方ですね。\n新たなヘ...」
    (更新:09/24 00:23)
  • link 20年09月20日
    hdk 「うちのATH-AD300もやはり頭にプラ...」
    (更新:09/23 12:26)
  • link 20年07月10日
    すずき 「鳥のゲームは知りませんでした。色々やって...」
    (更新:08/11 18:59)
  • link 20年07月12日
    すずき 「小学生でサイトに投稿はスゴイです。そして...」
    (更新:08/11 18:59)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 20年09月19日
    すずき 「[SHARP のマスク] 今となっては、高級マスクになってしまった...」
    (更新:09/23 04:48)
  • link 20年09月20日
    すずき 「[ヘッドフォンが壊れた] 以前(2012年 11月 8日の日記参照...」
    (更新:09/23 03:06)
  • link 20年09月22日
    すずき 「[3DMark] Steam のセールで 3DMark が意味不明...」
    (更新:09/23 02:55)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報