link もっと前
   2020年 6月 27日 -
      2020年 6月 18日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

link 編集する

STATIONflow プレイ日記

STATIONflow の基本は理解したつもりなので、実績解除に挑んでますが、難しくて取れないものがいくつかあります。

今のところ一番難しいと思うのは「エレベスト」です。条件は「駅ランク 20 以上で階段とエスカレーターを設置せずに A+ 評価」です。

ありがちな条件ですが、STATIONflow のエレベーターはとてもヘボいため達成は困難です。

輸送力が低い
特に電車乗り場が顕著で 8基設置しても客を捌ききれません。
輸送距離に応じて待ち時間が長くなる
長距離(例えば B1〜B5 など)輸送すると、やたら待たされます。
客が待ち行列から離脱する
階段ユーザー(通勤客、学生)は非常に短気で、すぐに離脱します。

一番問題なのは 3つ目の条件です。通常、待ち行列から離脱した客は階段やエスカレーターを利用しますが、移動手段がエレベーターしかない場合、不可解な動きをします。

  • エレベーターに並ぶ
  • エレベーターがこない
  • 待ち行列から外れる
  • 他の移動手段を探すが見つからない(※)
  • またエレベーターに並ぶ
  • エレベーターがこない
  • (以降、繰り返し)

(※)彷徨っている間はエレベーターが到着しても乗りません。一番訳が分からない動きです。しかもこの彷徨う時間が長い。

このようなおかしな行動をし続けた挙句、勝手に怒り始めて、駅の評価を下げてきます。理不尽極まりないですね。


エレベーターが来てるのに乗らない&怒ってる様子

ランク 20 到達後も駅と人が増え続けるため、どんどん客が捌ききれなくなり条件が悪くなる一方ですから、「エレベスト」実績を達成する最大のチャンスは「ランク 20 になる瞬間」でしょう。

が、私の腕では評価 A が限界でした。

もっと頑張ればできるのかもしれないですが、何回も同じマップをランク 20 までやり直すのは時間掛かって辛いし面白くないのでもうやりません……。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 6月 28日 01:14]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

STATIONflow 小技

STATIONflow のしょうもない小技。

将来的に、どこに駅の入り口と電車の乗り場が出てくるか?を見たい場合は「マップ作成」で見たいマップを「複製」「マップ編集」すれば、全ての入り口、乗り場を見ることができます。


マップ作成メニュー画面

STATIONflow の面白さは、どこに増設されるかわからない入り口や乗り場に対応することではあるのですが、記録を狙ったりするときや、事前に完璧な駅建築計画を立てたい人は、覗いてみると役立つかもしれません。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 6月 28日 00:49]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

デバイスツリーのドキュメント

最近、というほどでもないのですが、Linux Kernel のデバイスツリーのドキュメントは YAML で書く方が主流らしいです。

ドキュメントの書き方が良くわからず、合っているのか間違っているのかわからなくて困っていたんですが、ドキュメント Writing DeviceTree Bindings in json-schema を見ていたところ、YAML チェッカーの存在を知りました。

DeviceTree Bindings (json-schema 版) のチェック
$ make dt_binding_check DT_SCHEMA_FILES=Documentation/devicetree/bindings/xxxx.yaml

こんな感じで使います。DT_SCHEMA_FILES を指定せずに実行すると全ての YAML をチェックしようとしますが、16並列でもかなり時間が掛かりますから、自分が変更したファイルだけチェックしたほうが効率的でしょうね。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 6月 23日 22:16]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

睡眠時無呼吸症候群と CPAP

半年くらい前から SAS(睡眠時無呼吸症候群)の対症療法として CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸器)を使っています。しかし、こいつがどうも息苦しくて合ってない気がしてなりません。

呼吸が止まると SpO2(血中酸素飽和度)が下がります。医療機器以外で SpO2 を測る手段はありませんから、先日、思い切ってメモリ機能付きのパルスオキシメーター(= SpO2 計測器)Ubi-x LUKLA 2800m を購入しました。お値段 6万円です。さすが医療機器、高いなー。


SpO2 の変化、CPAP あり

添付のグラフは SpO2(青、左目盛り)と、脈拍(オレンジ、右目盛り)です。正常時の SpO2 は 98〜99%ですが、深夜 4時 3分に突如 88%まで下がっています。

SpO2 88%がどれほど危険なのかわからなかったので、わざと息を止めて SpO2 を下げる実験をしたところ「酸欠で目がチカチカして暗くなってきて、このまま死ぬんじゃねー?」と思うくらいでやっと SpO2 92%でした。88%とは一体……??

CPAP なし

CPAP なしだとどうなるかも測りました。CPAP ありのときよりも頻繁に SpO2 が低下しています。


SpO2 の変化、CPAP なし

寝苦しくて辛いけど CPAP には意味があるということなんでしょうかねえ?

まだ 1度ずつしか測っていないので、CPAP の効力については何とも言えません。今後 CPAP あり・なし、仰向き、横向きなど条件を変えて何度か測ってみようと思います。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。大幅に追記。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 6月 21日 16:52]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

Boesendorfer 290 のインストール、続き

以前(2020年 6月 12日の日記参照)にインストール&アクティベートで失敗した Boesendorfer 290 ですが、Native Instruments のサポートの方との QA により、インストール方法がわかりました。

カギは Native Access というツールと、Kontakt Player というアプリケーションです。

Native Access はインストーラ&情報管理ツールです。アップデートもお知らせしてくれるようです。動きに癖があり、やや使いにくいです。

Kontakt Player は音源データから音色を合成するプレイヤーです。なんと無料、凄い。私はプレイヤーとしてしか使っていませんが、本来はもっと高機能なのかな?

私の理解が正しければ、Boesendorfer 290 にはピアノ音源データと、音色合成プレイヤーの 2つがセットになっていますが、音色合成プレイヤーはもはやアクティベーション不可能で利用できません。代わりに Kontakt 6 Player を使うのが正解です。

Native Access のインストール

最初に Native Access をインストールします。インストーラを起動するだけです。このアプリはたまにアップデート確認画面から進まなくなることがあります。私の場合、Native Access を再起動するか、Windows を再起動したら直りました。


Native Access 起動時のアップデート確認画面

Kontakt 6 Player をインストールしようとすると、こんな画面になると思います。


インストール失敗

これが Native Access の良くないところですね……、ディレクトリの設定に失敗しているとこのエラーになりますが、エラーメッセージを見ても、何が悪いのか全くわからないです。


ディレクトリ設定メニュー


ディレクトリ設定画面

Preferences というメニューからディレクトリの設定ができます。パスを指定するだけではダメで、ディレクトリが存在していないとさっきのエラーが出ます。パスの最後のディレクトリがなかったら、勝手に作ってくれれば良いのに。これも Native Access のイマイチなところです……。

Kontakt 6 Player のインストール

次に Kontakt 6 Player をインストールします。


Kontakt 6 Player のインストール

ダウンロードにはかなり時間が掛かりますが、待っていれば終わります。これは Native Access の良いところですね。とても楽です。

Boesendorfer 290 の登録

最後に Kontakt 6 Player に Boesendorfer 290 がインストールされている位置を教える必要があります。CD から Boesendorfer 290 をインストールした後に、下記の Browse を押します。

スクリーンショットでは Boesendorfer が INSTALLED PRODUCTS のカテゴリに居ますが、初回の設定だと NOT INSTALLED のカテゴリに居るはずです。1回インストールすると二度と NOT INSTALLED に戻らないみたいです。これも Native Access のイマイチなところ……。


Boesendorfer 290 のインストール

このパス指定がまた曲者で、どのディレクトリを指定したら良いのかさっぱりわかりません。


Boesendorfer 290 のインストールパス

正解は Boesendorfer をインストールしたディレクトリの直下にある「Boesendorfer 290 Library」というディレクトリです。Boesendorfer_part1.nks や Boesendorfer_part2.nks というファイルが入っているはずです。

おそらく *.nks が Kontakt 用の音色データで、Kontakt Player は音色データのあるディレクトリを知りたいんだろう、くらいの想像はつきますけど、正直に言ってわかりにくいです。

完成

設定がうまくいけば Kontakt Player の画面に Boesendorfer 290 が出現するはずです。


Kontakt Player に Boesendorfer 290 が出れば成功

無事、動作したので良かったですけど、初心者殺しのポイント(Preferences, *.nks のパス)が多くて疲れました……。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 6月 21日 14:49]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2020年 6月 27日 -
      2020年 6月 18日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 7/5 21:07

カレンダー

<2020>
<<<06>>>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----

最近のコメント 5件

  • link 20年06月29日
    すずき 「うちのマシンは基本速度が取得できてないん...」
    (更新:07/01 11:18)
  • link 20年06月29日
    hdk 「Athlon 5350 (2.05GHz...」
    (更新:06/30 23:55)
  • link 20年05月02日
    すずき 「ちょっと調べたところ、コアが焼けると騒ぎ...」
    (更新:05/08 15:43)
  • link 20年05月02日
    すずき 「結構、怖い制御に見えますね&hellip...」
    (更新:05/08 15:23)
  • link 20年05月02日
    hdk 「デスクトップ用のNVIDIA Quadr...」
    (更新:05/07 20:30)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 20年07月05日
    すずき 「[ELF バイナリで SEGV その 2 - 64 バイト] 昨日...」
    (更新:07/05 21:07)
  • link 20年07月04日
    すずき 「[ELF バイナリで SEGV その 1 - 92 バイト] 昨日...」
    (更新:07/05 21:06)
  • link 20年07月03日
    すずき 「[C 言語で SEGV] SEGV を出すのが Twitter で...」
    (更新:07/05 18:58)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報