link もっと前
   2019年 11月 7日 -
      2019年 11月 7日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

独自の apt サーバー - その 6 - ソースコードパッケージの配布

今までの設定によって、独自の apt サーバーからバイナリパッケージを配布することができるようになりました。実は apt にはもう 1つ大事な機能があります。ソースコードパッケージの配布です。

ご存知かもしれませんが apt-get source hogehoge と実行するだけで、パッケージのソースコードを取得できてしまう、便利な機能です。今回はこの機能を使えるように apt サーバーを設定します。

テスト用のパッケージ準備

前回は Docker の *.deb をコピーして流用しましたが、Docker はソースコードパッケージを公開していないので、別の手法を取りましょう

Debian には Hello World を表示するプログラムがあります。パッケージ名は何の捻りも無い hello です。まずは hello パッケージのソースコードを取得します。

hello パッケージのソースコードを取得
$ apt-get source hello

Reading package lists... Done
Need to get 733 kB of source archives.
Get:1 http://ftp.jp.debian.org/debian testing/main hello 2.10-2 (dsc) [1335 B]
Get:2 http://ftp.jp.debian.org/debian testing/main hello 2.10-2 (tar) [726 kB]
Get:3 http://ftp.jp.debian.org/debian testing/main hello 2.10-2 (diff) [6132 B]
Fetched 733 kB in 1s (1155 kB/s)
dpkg-source: info: extracting hello in hello-2.10
dpkg-source: info: unpacking hello_2.10.orig.tar.gz
dpkg-source: info: unpacking hello_2.10-2.debian.tar.xz


$ ls

hello-2.10                  hello_2.10-2.dsc
hello_2.10-2.debian.tar.xz  hello_2.10.orig.tar.gz

取得したソースコードから Debian パッケージを作成します。hello に限りませんが apt-get source で取得したソースコードは、Debian パッケージ作成のための様々な設定が既に済んだソースコードですので、単に debuild を実行するだけでパッケージが作成できます。簡単ですね。

hello パッケージを作成
$ cd hello-2.10

$ debuild -uc -us

...

$ cd ../

$ ls

hello-2.10                     hello_2.10-2_amd64.buildinfo
hello-dbgsym_2.10-2_amd64.deb  hello_2.10-2_amd64.changes
hello_2.10-2.debian.tar.xz     hello_2.10-2_amd64.deb
hello_2.10-2.dsc               hello_2.10.orig.tar.gz
hello_2.10-2_amd64.build

作成されたファイルのうち、*.deb がバイナリインストール用のパッケージ、*.dsc と *.tar.* つまり tarball がソースコードインストール用のパッケージです。ソースコードを apt サーバーから配布する場合は *.dsc と tarball の両方が必要です。

パッケージの配置、設定ファイルの作成

下記のように stable にはバイナリパッケージのみを配置し、testing にはバイナリパッケージと、ソースコードパッケージの双方を配置します。

理由は、あとで apt-get source するときに比べやすいからです。期待する結果は stable を使うと失敗し(ソースコードパッケージが見つからない)、testing を使うと成功することです。

HTML サーバーのルートディレクトリ、ディレクトリ構成
$ tree linux

linux
|-- conf
|   |-- apt_generate_debian_buster.conf
|   `-- apt_release_debian_buster.conf
`-- debian
    `-- dists
        `-- buster
            |-- pool
            |   |-- stable
            |   |   |-- amd64
            |   |   |   |-- hello-dbgsym_2.10-2_amd64.deb
            |   |   |   `-- hello_2.10-2_amd64.deb
            |   |   `-- source
            |   `-- testing
            |       |-- amd64
            |       |   |-- hello-dbgsym_2.10-2_amd64.deb
            |       |   `-- hello_2.10-2_amd64.deb
            |       `-- source
            |           |-- hello_2.10-2.debian.tar.xz
            |           |-- hello_2.10-2.dsc
            |           `-- hello_2.10.orig.tar.gz
            |-- stable
            |   |-- binary-amd64
            |   `-- source
            `-- testing
                |-- binary-amd64
                `-- source

17 directories, 9 files


#### 参考: ディレクトリ構造を作って、下記のように配置するイメージです。

$ cp *.deb linux/debian/dists/buster/pool/stable/amd64/

$ cp *.deb linux/debian/dists/buster/pool/testing/amd64/
$ cp *.tar.* *.dsc linux/debian/dists/buster/pool/testing/source/

設定ファイル apt_generate_debian_buster.conf は前回(2019年 8月 29日の日記参照、シリーズその 5)とほぼ同じであるものの、2つだけ変更が必要です。

1点目は TreeDefault::SrcDirectory の設定です。ソースコードパッケージ *.dsc や tarball が入っているディレクトリを指定します。

2点目は Tree の Architectures に source というアーキテクチャを加えることです。source は特殊なアーキテクチャ名で、ソースコードパッケージが存在することを意味します。

apt_generate_debian_buster.conf

Dir::ArchiveDir ".";
Dir::CacheDir   "dists/buster";
Default::Packages::Compress   ". gzip bzip2";
Default::Packages::Extensions ".deb";
Default::Sources::Compress    ". gzip bzip2";
Default::Contents::Compress   ". gzip bzip2";
Default::FileMode             0644;
TreeDefault::Directory        "dists/buster/pool/$(SECTION)/$(ARCH)";
TreeDefault::SrcDirectory     "dists/buster/pool/$(SECTION)/$(ARCH)";
TreeDefault::Packages         "dists/buster/$(SECTION)/binary-$(ARCH)/Packages";

Tree "dists/buster" {
    Sections "stable testing";
    Architectures "amd64 source";
};

もう一つの設定ファイル apt_release_debian_buster.conf は、その 2(2019年 8月 11日の日記参照)で紹介した内容から、変更不要です。一応、再掲しておきます。

apt_release_debian_buster.conf

APT::FTPArchive::Release {
    Architectures "amd64";
    Components "stable";
    Label "Test Label";
    Origin "Test";
    Suite "buster";
};

パッケージ管理情報を更新して署名を付けるまでの操作イメージは、前回(2019年 8月 29日の日記参照、シリーズその 5)と似ていますが、ちょっと違うので下記に全て載せます。

apt-ftparchive を実行、Release ファイルに署名

export TARGET=debian
export DIST=buster
export ARCH=amd64

for SECT in stable testing
do
    mkdir -p /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/${SECT}/binary-${ARCH}
    mkdir -p /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/${SECT}/source
    mkdir -p /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/pool/${SECT}/${ARCH}
    mkdir -p /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/pool/${SECT}/source
done


### *.deb ファイルをコピーする(モジュールによってコピー元は違うと思うので、これは一例)
### cp *.deb /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/pool/${SECT}/${ARCH}

### *.dsc, tarbell をコピーする(モジュールによってコピー元は違うと思うので、これは一例)
### cp *.dsc   /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/pool/${SECT}/source
### cp *.tar.* /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}/pool/${SECT}/source


### Packages, Contents, Sources ファイルを作る
### linux/debian の下で apt-ftparchive を実行しないと *.deb が見つからないといわれる

cd /var/www/linux/${TARGET}
find . -name "Contents-*" -or -name "Contents-*.*" | xargs rm -f
find . -name "Packages" -or -name "Packages.*" -or -name "packages-*.db" | xargs rm -f
find . -name "Sources" -or -name "Sources.*" -or -name "sources-*.db" | xargs rm -f
find . -name Release -or -name Release.gpg -or -name InRelease | xargs rm -f
apt-ftparchive generate ../conf/apt_generate_${TARGET}_${DIST}.conf


### Release ファイルを作る
### linux/debian/dists/buster の下で apt-ftparchive を実行しないと、
### 後ほど apt-get を実行した際にパッケージが見つからないといわれる

cd /var/www/linux/${TARGET}/dists/${DIST}
apt-ftparchive release -c=../../../conf/apt_release_${TARGET}_${DIST}.conf . > Release


### Release ファイルに署名する

echo -n "abcd1234" | gpg --batch --passphrase-fd 0 --pinentry-mode loopback --clearsign -o InRelease Release
echo -n "abcd1234" | gpg --batch --passphrase-fd 0 --pinentry-mode loopback -abs -o Release.gpg Release
chmod 644 Release InRelease Release.gpg

GnuPG の鍵ファイルの作成と、apt への登録方法については、その 3(2019年 8月 12日の日記参照)をご参照ください。

動作確認

用意した hello のパッケージと、設定ファイルを使って apt-ftparchive を実行すると、下記のようにリポジトリ情報が生成されるはずです。

テストに使うディレクトリ構造
$ tree linux

linux
|-- conf
|   |-- apt_generate_debian_buster.conf
|   `-- apt_release_debian_buster.conf
`-- debian
    `-- dists
        `-- buster
            |-- InRelease
            |-- Release
            |-- Release.gpg
            |-- packages-amd64.db
            |-- pool
            |   |-- stable
            |   |   |-- amd64
            |   |   |   |-- hello-dbgsym_2.10-2_amd64.deb
            |   |   |   `-- hello_2.10-2_amd64.deb
            |   |   `-- source
            |   `-- testing
            |       |-- amd64
            |       |   |-- hello-dbgsym_2.10-2_amd64.deb
            |       |   `-- hello_2.10-2_amd64.deb
            |       `-- source
            |           |-- hello_2.10-2.debian.tar.xz
            |           |-- hello_2.10-2.dsc
            |           `-- hello_2.10.orig.tar.gz
            |-- sources-stable.db
            |-- sources-testing.db
            |-- stable
            |   |-- Contents-amd64
            |   |-- Contents-amd64.bz2
            |   |-- Contents-amd64.gz
            |   |-- binary-amd64
            |   |   |-- Packages
            |   |   |-- Packages.bz2
            |   |   `-- Packages.gz
            |   `-- source
            |       |-- Sources
            |       |-- Sources.bz2
            |       `-- Sources.gz
            `-- testing
                |-- Contents-amd64
                |-- Contents-amd64.bz2
                |-- Contents-amd64.gz
                |-- binary-amd64
                |   |-- Packages
                |   |-- Packages.bz2
                |   `-- Packages.gz
                `-- source
                    |-- Sources
                    |-- Sources.bz2
                    `-- Sources.gz

17 directories, 33 files

各セクションの下に Contents と Packages が生成され、さらに Sources も作成されていることが分かります。ファイルが生成できたら /etc/apt/sources.list にこのサーバーを指定して、apt-get update を実行します。

/etc/apt/sources.list に独自 apt サーバーを追加

deb [arch=amd64] http://192.168.1.1/linux/debian/ buster stable
deb-src http://192.168.1.1/linux/debian/ buster stable
  -> バイナリ(apt-get install hello)はインストールでき、
     ソースコード(apt-get source hello)はインストールできないはず

deb [arch=amd64] http://192.168.1.1/linux/debian/ buster testing
deb-src http://192.168.1.1/linux/debian/ buster testing
  -> バイナリもソースコードもインストールできるはず

うまくいっていれば、セクションを stable と testing で切り替えたときに、apt-get source の成功可否が変わるはずです。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 11月 11日 11:44]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2019年 11月 7日 -
      2019年 11月 7日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 11/11 11:44

カレンダー

<2019>
<<<11>>>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント 5件

  • link 19年09月01日
    すずき 「私も正直びっくりです。間違って違う製品を...」
    (更新:09/04 23:39)
  • link 19年09月01日
    hdk 「車向けの製品の中でも、車載コンピューター...」
    (更新:09/02 23:20)
  • link 19年07月18日
    hdk 「あっ、AAMはマニュアルのオペレーション...」
    (更新:07/25 00:02)
  • link 19年07月18日
    すずき 「AAM(ASCII Adjust AX ...」
    (更新:07/24 22:22)
  • link 19年07月18日
    hdk 「加算減算は符号のありなしどちらも命令が同...」
    (更新:07/24 07:25)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 19年11月07日
    すずき 「[独自の apt サーバー - その 6 - ソースコードパッ] ...」
    (更新:11/11 11:44)
  • link 19年08月29日
    すずき 「[独自の apt サーバー - その 5 - 複数のセクション] ...」
    (更新:11/08 00:41)
  • link 19年08月13日
    すずき 「[独自の apt サーバー - その 4 - まとめ] 独自の a...」
    (更新:11/08 00:41)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報