link もっと前
   2019年 8月 4日 -
      2019年 7月 26日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

ヘッドフォンの謎のノイズ

オーディオは専門ではないし、神の耳も持っていないので、細かい音質うんぬんは全くわからないし、高級○○ケーブルなどはオカルトの一種とすら思っていますが……。

音質で唯一体験したことを思い出したので、メモしておきます。

以前はテレビのファーム開発をしていたため、職場ではテストのために少し良い(1万円〜2万円レベルの)ヘッドホン(SHURE SRH440-A)を使っていました。

何も鳴らしていないのに、ヘッドホンからたまにブーン……という微かなノイズと、バリ、バリ!という大きめのノイズが聞こえていました。

スマホとヘッドフォン

最初、評価ボードか機材の故障を疑っていたのですが、なんと原因は自分のスマホでした。

前者のブーン……ノイズは、ヘッドホンのケーブルをくるくると丸めて束ねた上に、スマホを置いていたため、スマホの電波を拾ってノイズになっていたようです。

たまにしか鳴らないのは、パケット通信のときしか強く電波を発しないからですかね?スマホを机の上に置かないようにしたらノイズは聞こえなくなりました。

家の安いヘッドホンで同じことをしても、ノイズは聞こえなかったので、感度の良いヘッドホンじゃないと拾わない(?)のかもしれません。

後者のバリバリ!ノイズは、ヘッドホンアンプの上にスマホを置きっぱにしたときに鳴っていました。ノイズを増幅するのか、かなり目立つバリバリ音が聞こえていました。

これもスマホとアンプを遠ざけて置くことで、ノイズが消えました。

謎が解ければ何てこと無い原因でしたけど、最初はわからなくて、このヘッドフォン壊れているんだろうか?不良品かしら……?とか思っていました。冤罪でした、ごめんねヘッドホンさん。

タチの悪い内蔵音源

音質でもう一つ思い出したのが、先代ノート PC(ThinkPad Edge E420)のアナログオーディオ出力は、常にシューシューというノイズが聞こえていたことです。

2010年は遥かに過ぎて、こんなにノイズが鳴るオーディオがあるはずない、聞き間違いだろうと思いきや、安物のオシロで見てもすぐわかるくらいノイズが載っていてショックでした。Conexant さん勘弁してよ……と思いました。

測定結果は、以前の日記に書いています(2014年 10月 18日の日記参照)。あれからもう五年も経ったのか。早いものだ。

メモ: 技術系?の話は Facebook から転記しておくことにした。リンクなどを追記。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 8月 25日 22:28]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

RISC-V 原典

RISC-V 原典という本も買って読んでいます。どちらかというと頭から読む本ではなく、辞書的な本です。命令一覧の章はとても便利ですね。

RISC-V 原典では「過去のアーキテクチャが患ったインクリメンタリズム」と他のアーキテクチャの複雑さを評していましたが、RISC-V は出来たばかりなので「今」シンプルなのは当然だよね……などと思ったりしました。

RISC-V と昔の ARM

RISC-V は命令セットの独自拡張を許しているため、同じ RISC-V CPU を名乗っていても「A社 CPU と B社 CPU では、同じバイナリが実行できない」ことがありえます。

ARM や x86 も互換性のない CPU は存在しますが、共通の命令セットが大きいためあまり問題にはなりません。一方 RISC-V は共通命令セットが小さい(RV32I、MMU なしのマイコンレベル)ので、非互換性で問題が起きそうですね。ARM でいうと Cortex-A 系と Cortex-M 系を混ぜて売るようなもので、混乱を招きそうです……。

このタイプの命令拡張方式で私が思い出したのは ARM です。ARM も昔は ARMv5TEJ のように、対応する拡張命令をアルファベットで追記する、似たような方式を採用していましたが、ARMv6 で拡張命令に全て対応したため、拡張命令方式は消滅しました。

未来予想

私の予想としては、スマートフォン、デジタル家電、PC のような、比較的高性能な分野には RV64GC(G = IMAFD、multiple, atomic, float, double)が共通命令セットになり、マイコン系には RV32I か IM くらいが共通命令セットになる、辺りが落としどころかなと思います。

RISC-V も「インクリメンタリズム」に陥る未来は避けられず、拡張に次ぐ拡張でゴチャゴチャになる未来を迎えると思いますが、20年後、

  • RISC-V がそもそも使われているか
  • RISC-V は今と同じことを言えるくらいシンプルを維持できるか
  • RISC-V が別のアーキから同じ欠点を指摘されていないか(歴史は繰り返す…)

期待が大きいだけに、将来的にどうなるか、楽しみです。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 8月 11日 17:20]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

強いオセロ

どうやっても圧勝してしまう「最弱オセロ」(リンク)が話題ですが、実はその横に「強いオセロ」リンク)もあります。URL から推測するにこちらの方が先に作られたように見えます。

名前に偽りはなく、ものすごく強いです。私のような素人の実力ですと 50石(ほぼ真っ白)〜64石(全て白)で完敗します。終盤に一気にひっくり返され、全く勝てません。

まともにやっても全く勝てなかったので、どんな手でも良いから、1度でも勝てないだろうか?と試行錯誤するうちに、ちょっとしたクセが見えてきました。この AI は「終盤の大逆転」を重視していて、序盤〜中盤は石数が不利でも無視する傾向があります。

このクセを逆手に取り、中盤戦でとにかくゴリ押しして、白を全滅させる作戦を取ると、ごくたまに勝てることがあります。下記はその例です。


中盤でゴリ押しして勝てたケース

中盤で押し切れなければ負けです。20〜30局やりましたが、これ以外の勝ち方はできませんでした……。

[編集者: すずき]
[更新: 2019年 8月 25日 21:59]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2019年 8月 4日 -
      2019年 7月 26日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 12/5 00:14

カレンダー

<2019>
<<<08>>>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント 5件

  • link 19年09月01日
    すずき 「私も正直びっくりです。間違って違う製品を...」
    (更新:09/04 23:39)
  • link 19年09月01日
    hdk 「車向けの製品の中でも、車載コンピューター...」
    (更新:09/02 23:20)
  • link 19年07月18日
    hdk 「あっ、AAMはマニュアルのオペレーション...」
    (更新:07/25 00:02)
  • link 19年07月18日
    すずき 「AAM(ASCII Adjust AX ...」
    (更新:07/24 22:22)
  • link 19年07月18日
    hdk 「加算減算は符号のありなしどちらも命令が同...」
    (更新:07/24 07:25)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 19年07月05日
    すずき 「[ARM と RISC-V で CoreMark 対決] 先日購入...」
    (更新:12/05 00:14)
  • link 19年11月28日
    すずき 「[RockPro64 とオーディオ DAC - その 3 - ] ...」
    (更新:11/28 02:17)
  • link 19年11月27日
    すずき 「[RockPro64 とオーディオ DAC - その 2 - ] ...」
    (更新:11/28 02:16)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報