link もっと前
   2018年 7月 8日 -
      2018年 7月 8日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

Android と MPEG2-TS その 4

その 1その 2その 3その 4

もはや自分以外の誰得の内容なのか、わかりませんが、気にせず書きます。

その 3 にて「DescramblerImpl を生成するのは MediaCasService::createDescrambler() のみ?のように見えます。」と書きました。この関数に至る経路がわかると、デスクランブラがどの暗号系を選択するのか?いつ選択するのか?などがわかるようになります。

で、今回は createDescrambler() が呼ばれる経路を見つけたのでメモします。しかしながら Extractor の setMediaCas() を呼び出すのは誰なのか?まだ謎のままなので、いまいちスッキリしませんけども。

Extractor の setMediaCas()

//frameworks/av/media/libstagefright/mpeg2ts/MPEG2TSExtractor.cpp

status_t MPEG2TSExtractor::setMediaCas(const HInterfaceToken &casToken) {
    HalToken halToken;
    halToken.setToExternal((uint8_t*)casToken.data(), casToken.size());
    sp<ICas> cas = ICas::castFrom(retrieveHalInterface(halToken));
    ALOGD("setMediaCas: %p", cas.get());

    status_t err = mParser->setMediaCas(cas); //★★★★ mParser
    if (err == OK) {
        ALOGI("All tracks now have descramblers");
        init();
    }
    return err;
}

ここで出てくる mParser の型は ATSParser でしたので、ATSParser の実装を見てみます。

ATSParser setMediaCas()

//frameworks/av/media/libstagefright/mpeg2ts/ATSParser.cpp

status_t ATSParser::setMediaCas(const sp<ICas> &cas) {
    status_t err = mCasManager->setMediaCas(cas); //★★★★ mCasManager
    if (err != OK) {
        return err;
    }
    for (size_t i = 0; i < mPrograms.size(); ++i) {
        mPrograms.editItemAt(i)->updateCasSessions();
    }
    return OK;
}

ここで出てくる mCasManager の型は ATSParser::CasManager でした。CasManager を見てみましょう。

CasManager setMediaCas()

//frameworks/av/media/libstagefright/mpeg2ts/CasManager.cpp

status_t ATSParser::CasManager::setMediaCas(const sp<ICas> &cas) {
    if (cas == NULL) {
        ALOGE("setMediaCas: received NULL object");
        return BAD_VALUE;
    }
    if (mICas != NULL) {
        ALOGW("setMediaCas: already set");
        return ALREADY_EXISTS;
    }
    for (size_t index = 0; index < mProgramCasMap.size(); index++) {
        status_t err;
        if ((err = mProgramCasMap.editValueAt(
                index)->setMediaCas(cas, mCAPidToSessionIdMap)) != OK) { //★★★★ mProgramCasMap
            return err;
        }
    }
    mICas = cas; //★★★★ mICas
    return OK;
}

Extractor から渡されてきた cas は、CasManager のメンバ変数 mICas に保存されるようです。ちなみにこの mICas はその 2 の CasManager::parsePID() にて、mICas->processEcm(mCAPidToSessionIdMap[index], ecm); の呼び出し時に出てきました。ここで保存されていたんですね。

話を戻して mProgramCasMap は unsigned がキー、ProgramCasManager のポインタが値の KeyedVector です。

ProgramCasManager setMediaCas()

status_t ATSParser::CasManager::ProgramCasManager::setMediaCas(
        const sp<ICas> &cas, PidToSessionMap &sessionMap) {
    if (mHasProgramCas) {
        return initSession(cas, sessionMap, &mProgramCas); //★★★★
    }
    // TODO: share session among streams that has identical CA_descriptors.
    // For now, we open one session for each stream that has CA_descriptor.
    for (size_t index = 0; index < mStreamPidToCasMap.size(); index++) {
        status_t err = initSession(
                cas, sessionMap, &mStreamPidToCasMap.editValueAt(index)); //★★★★
        if (err != OK) {
            return err;
        }
    }
    return OK;
}

status_t ATSParser::CasManager::ProgramCasManager::initSession(
         const sp<ICas>& cas,
         PidToSessionMap &sessionMap,
         CasSession *session) {
    sp<IMediaCasService> casService = IMediaCasService::getService("default"); //★★★★ IMediaCasService 型
    if (casService == NULL) {
        ALOGE("Cannot obtain IMediaCasService");
        return NO_INIT;
    }
//...
    returnDescrambler = casService->createDescrambler(descriptor.mSystemID); //★★★★ createDescrambler()
    if (!returnDescrambler.isOk()) {
        ALOGE("Failed to create descrambler: trans=%s",
                returnDescrambler.description().c_str());
        goto l_fail;
    }
    descramblerBase = (sp<IDescramblerBase>) returnDescrambler;
    if (descramblerBase == NULL) {
        ALOGE("Failed to create descrambler: null ptr");
        goto l_fail;
    }

やっと createDescrambler() が出てきました。casService は IMediaCasService 型ですが、このインタフェースを実装しているクラスは 1つしかなさそうです。

MediaCasService setMediaCas()

//hardware/interfaces/cas/1.0/default/MediaCasService.h

class MediaCasService : public IMediaCasService {
//...


//hardware/interfaces/cas/1.0/default/MediaCasService.cpp

Return<sp<IDescramblerBase>> MediaCasService::createDescrambler(int32_t CA_system_id) {

    ALOGV("%s: CA_system_id=%d", __FUNCTION__, CA_system_id);

    sp<IDescrambler> result;

    DescramblerFactory *factory;
    sp<SharedLibrary> library;
    if (mDescramblerLoader.findFactoryForScheme(
            CA_system_id, &library, &factory)) { //★★★★ DescramblerPlugin を探す処理はこの辺にありそう
        DescramblerPlugin *plugin = NULL;
        if (factory->createPlugin(CA_system_id, &plugin) == OK
                && plugin != NULL) {
            result = new DescramblerImpl(library, plugin); //★★★★ DescramblerImpl を生成している箇所があった
        }
    }

    return result;
}

ここでゴールのようです。まとめると Extractor の setMediaCas() を呼ぶと、

  • ATSParser::CasManager::parsePID() が呼び出している mICas->processEcm() の mICas が設定される。
    つまり ECM の処理方法が決まる
  • DescramblerImpl::mPluginHolder が設定される。
    つまりデスクランブルの処理方法が決まる
[編集者: すずき]
[更新: 2018年 7月 17日 22:44]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2018年 7月 8日 -
      2018年 7月 8日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 7/17 22:53

カレンダー

<2018>
<<<07>>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

最近のコメント 5件

  • link 18年07月04日
    すずき 「NEON にも対応してみましたが、やはり...」
    (更新:07/11 21:26)
  • link 18年05月30日
    すずき 「情報ありがとうございます。PT2 2枚差...」
    (更新:06/02 17:27)
  • link 18年05月30日
    通りすがりですみませ... 「私のPC(Win10)ではB−CAS1枚...」
    (更新:06/02 16:42)
  • link 18年05月20日
    すずき 「数えたことはありませんが Windows...」
    (更新:05/22 22:26)
  • link 18年05月20日
    hdk 「Linux も、先日の Meltdown...」
    (更新:05/21 22:55)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 18年07月17日
    すずき 「[エアコンが臭い] 「エアコンの嫌なニオイが完全に消えた」 "窓全...」
    (更新:07/17 22:53)
  • link 18年07月16日
    すずき 「[AArch64 向け Linux 開発環境の構築 その 2] そ...」
    (更新:07/17 22:46)
  • link 18年07月07日
    すずき 「[Android と MPEG2-TS その 3] その 1、その...」
    (更新:07/17 22:46)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報