link もっと前
   2018年 7月 7日 -
      2018年 7月 7日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

Android と MPEG2-TS その 3

その 1その 2その 3その 4

デスクランブル処理はどこにあるんでしょう??それらしい処理を辿ってみましたが、本当にこの処理が動くのか、何を切っ掛けにデスクランブル処理が働き始めるのか、動かしてみないとわからなさそうです。うーん……。

デスクランブル処理 Java 側(たぶん)

//frameworks/base/media/java/android/media/MediaDescrambler.java

    public final int descramble(
            @NonNull ByteBuffer srcBuf, @NonNull ByteBuffer dstBuf,
            @NonNull MediaCodec.CryptoInfo cryptoInfo) {
//...
        try {
            return native_descramble(
                    cryptoInfo.key[0],
                    cryptoInfo.numSubSamples,
                    cryptoInfo.numBytesOfClearData,
                    cryptoInfo.numBytesOfEncryptedData,
                    srcBuf, srcBuf.position(), srcBuf.limit(),
                    dstBuf, dstBuf.position(), dstBuf.limit());
        } catch (ServiceSpecificException e) {
            MediaCasStateException.throwExceptionIfNeeded(e.errorCode, e.getMessage());
        } catch (RemoteException e) {
            cleanupAndRethrowIllegalState();
        }
        return -1;
    }

ここで呼び出している native_descramble() は native であると宣言されています。つまり JNI 経由で呼び出します。メディアフレームワーク(android.media)の JNI 実装は frameworks/base/media/jni に配置されているようです。

デスクランブル処理 JNI 側

//frameworks/base/media/jni/android_media_MediaDescrambler.cpp

static jint android_media_MediaDescrambler_native_descramble(
        JNIEnv *env, jobject thiz, jbyte key, jint numSubSamples,
        jintArray numBytesOfClearDataObj, jintArray numBytesOfEncryptedDataObj,
        jobject srcBuf, jint srcOffset, jint srcLimit,
        jobject dstBuf, jint dstOffset, jint dstLimit) {
    sp<JDescrambler> descrambler = getDescrambler(env, thiz); //★★★★ descrambler は JDescrambler 型
    if (descrambler == NULL) {
        jniThrowException(env, "java/lang/IllegalStateException",
                "Invalid descrambler object!");
        return -1;
    }

    hidl_vec<SubSample> subSamples;
    ssize_t totalLength = getSubSampleInfo(
            env, numSubSamples, numBytesOfClearDataObj,
            numBytesOfEncryptedDataObj, &subSamples);
    if (totalLength < 0) {
        jniThrowException(env, "java/lang/IllegalArgumentException",
                "Invalid subsample info!");
        return -1;
    }
//...
    err = descrambler->descramble(
            key, totalLength, subSamples,
            srcPtr, srcOffset, dstPtr, dstOffset,
            &status, &bytesWritten, &detailedError); //★★★★
//...


status_t JDescrambler::descramble(
        jbyte key,
        ssize_t totalLength,
        const hidl_vec<SubSample>& subSamples,
        const void *srcPtr,
        jint srcOffset,
        void *dstPtr,
        jint dstOffset,
        Status *status,
        uint32_t *bytesWritten,
        hidl_string *detailedError) {
//...
    auto err = mDescrambler->descramble(
            (ScramblingControl) key,
            subSamples,
            mDescramblerSrcBuffer,
            0,
            dstBuffer,
            0,
            [&status, &bytesWritten, &detailedError] (
                    Status _status, uint32_t _bytesWritten,
                    const hidl_string& _detailedError) {
                *status = _status;
                *bytesWritten = _bytesWritten;
                *detailedError = _detailedError;
            }); //★★★★
//...

ここで出てくる mDescrambler は IDescrambler 型のポインタです。パッと見では、何がセットされているのか良くわかりませんが、このインタフェースを実装しているのは下記しかなさそうです。

デスクランブラ

//hardware/interfaces/cas/1.0/default/DescramblerImpl.h

class DescramblerImpl : public IDescrambler {
//...

//hardware/interfaces/cas/1.0/default/DescramblerImpl.cpp

Return<void> DescramblerImpl::descramble(
        ScramblingControl scramblingControl,
        const hidl_vec<SubSample>& subSamples,
        const SharedBuffer& srcBuffer,
        uint64_t srcOffset,
        const DestinationBuffer& dstBuffer,
        uint64_t dstOffset,
        descramble_cb _hidl_cb) {
    ALOGV("%s", __FUNCTION__);

    // Get a local copy of the shared_ptr for the plugin. Note that before
    // calling the HIDL callback, this shared_ptr must be manually reset,
    // since the client side could proceed as soon as the callback is called
    // without waiting for this method to go out of scope.
    std::shared_ptr<DescramblerPlugin> holder = std::atomic_load(&mPluginHolder); //★★★★ holder = mPluginHolder
    if (holder.get() == nullptr) {
        _hidl_cb(toStatus(INVALID_OPERATION), 0, NULL);
        return Void();
    }

//...

    // Casting hidl SubSample to DescramblerPlugin::SubSample, but need
    // to ensure structs are actually idential

    int32_t result = holder->descramble(
            dstBuffer.type != BufferType::SHARED_MEMORY,
            (DescramblerPlugin::ScramblingControl)scramblingControl,
            subSamples.size(),
            (DescramblerPlugin::SubSample*)subSamples.data(),
            srcPtr,
            srcOffset,
            dstPtr,
            dstOffset,
            NULL);
//...

この mPluginHolder は DescramblerPlugin 型です。DescramblerImpl が生成される時に設定されます。DescramblerImpl を生成するのは MediaCasService::createDescrambler() のみ?のように見えます。

次に出てくる holder には DescramblerPlugin のポインタが入ります。Plugin の実装を探してみると ClearKey にそれらしき処理があります。

Descrambler plugin の実装

//frameworks/av/drm/mediacas/plugins/clearkey/ClearKeyCasPlugin.cpp

ssize_t ClearKeyDescramblerPlugin::descramble(
        bool secure,
        ScramblingControl scramblingControl,
        size_t numSubSamples,
        const SubSample *subSamples,
        const void *srcPtr,
        int32_t srcOffset,
        void *dstPtr,
        int32_t dstOffset,
        AString *errorDetailMsg) {

    ALOGV("descramble: secure=%d, sctrl=%d, subSamples=%s, "
            "srcPtr=%p, dstPtr=%p, srcOffset=%d, dstOffset=%d",
          (int)secure, (int)scramblingControl,
          subSamplesToString(subSamples, numSubSamples).string(),
          srcPtr, dstPtr, srcOffset, dstOffset);

    if (mCASSession == NULL) {
        ALOGE("Uninitialized CAS session!");
        return ERROR_CAS_DECRYPT_UNIT_NOT_INITIALIZED;
    }

    return mCASSession->decrypt(
            secure, scramblingControl,
            numSubSamples, subSamples,
            (uint8_t*)srcPtr + srcOffset,
            dstPtr == NULL ? NULL : ((uint8_t*)dstPtr + dstOffset),
            errorDetailMsg);
}

ここで出てくる mCASSession は ClearKeyCasSession を指すようです。setMediaCasSession() にて設定されています。これは後で追ってみます。

ClearKey によるデスクランブル

//av/drm/mediacas/plugins/clearkey/ClearKeyCasPlugin.cpp

// Decryption of a set of sub-samples
ssize_t ClearKeyCasSession::decrypt(
        bool secure, DescramblerPlugin::ScramblingControl scramblingControl,
        size_t numSubSamples, const DescramblerPlugin::SubSample *subSamples,
        const void *srcPtr, void *dstPtr, AString * /* errorDetailMsg */) {
        return ERROR_CAS_CANNOT_HANDLE;
    

    AES_KEY contentKey;

        // Hold lock to get the key only to avoid contention for decryption
        Mutex::Autolock _lock(mKeyLock);

        int32_t keyIndex = (scramblingControl & 1);
            ALOGE("decrypt: key %d is invalid", keyIndex);
            return ERROR_CAS_DECRYPT;
        
        contentKey = mKeyInfo[keyIndex].contentKey; //★★★★ ClearKeyCasSession::updateECM() で設定する鍵だと思う
    
//...
        // Don't decrypt if len < AES_BLOCK_SIZE.
        // The last chunk shorter than AES_BLOCK_SIZE is not encrypted.
        if (scramblingControl != DescramblerPlugin::kScrambling_Unscrambled
                && subSamples[i].mNumBytesOfEncryptedData >= AES_BLOCK_SIZE) {
            err = decryptPayload(
                    contentKey,
                    numBytesinSubSample,
                    subSamples[i].mNumBytesOfClearData,
                    (char *)dst);
        }
//...

// Decryption of a TS payload
status_t ClearKeyCasSession::decryptPayload(
        const AES_KEY& key, size_t length, size_t offset, char* buffer) const {
    CHECK(buffer);

    // Invariant: only call decryptPayload with TS packets with at least 16
    // bytes of payload (AES_BLOCK_SIZE).

    CHECK(length >= offset + AES_BLOCK_SIZE);

    return TpBlockCtsDecrypt(key, length - offset, buffer + offset);
}

// AES-128 CBC-CTS decrypt optimized for Transport Packets. |key| is the AES
// key (odd key or even key), |length| is the data size, and |buffer| is the
// ciphertext to be decrypted in place.
status_t TpBlockCtsDecrypt(const AES_KEY& key, size_t length, char* buffer) {
    CHECK(buffer);
//...

CBC モードで AES 暗号を復号しているようです。

まとめると、MediaDescrambler(ドキュメントはここ)の descrambler() によって、スクランブルされたデータのデスクランブルができそう、ということがわかりました。

ドキュメントにそう書いてあるし、当たり前なんですけどね。新たにデスクランブラを足そうと思う人は、中身も知らないと足せないです。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 7月 17日 22:46]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2018年 7月 7日 -
      2018年 7月 7日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 11/14 02:08

カレンダー

<2018>
<<<07>>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

最近のコメント 5件

  • link 18年10月12日
    すずき 「なるほど!\n京急、京成はヤバそうですね...」
    (更新:10/15 23:02)
  • link 18年10月12日
    ちかふみ 「閉会式直後の出国ラッシュ対策のためだそう...」
    (更新:10/15 20:43)
  • link 18年10月12日
    すずき 「あー、なるほど!閉会式の次にくっつけたん...」
    (更新:10/14 15:44)
  • link 18年10月12日
    hdk 「2020年の東京オリンピックが8月9日ま...」
    (更新:10/14 10:45)
  • link 18年09月07日
    すずき 「ありがとう!\nこちらこそ、楽しみにして...」
    (更新:09/11 19:30)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 18年11月13日
    すずき 「[お気に入りのマンガ] Kindle Fire HD は大量の本を...」
    (更新:11/14 02:08)
  • link 18年11月10日
    すずき 「[ROCK64 の I2S が動かない] 先日(2018年 7月 ...」
    (更新:11/14 01:53)
  • link 18年11月11日
    すずき 「[linux-next で動かない ROCK64 の I2S] 昨...」
    (更新:11/14 01:52)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報