link もっと前
   2018年 5月 26日 -
      2018年 5月 17日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

Linux DVB Frontend ドライバ

会社で Linux 用のフロントエンド(チューナー、デモジュレータ、デマルチプレクサ)のドライバを書いていました。商品に使うかどうかは知りませんけどね……。

この辺の機能は DVB Frontend API とか、単に DVB API と呼ばれて(わかりやすい図)いるようです。Video For Linux 2(V4L2)と共に、Linux Media Subsystem という名前の Subsystem(ドキュメント)を構成しています。

DVB という名前は欧州の放送規格の DVB に由来していますが、現在は DVB に限らず他の放送規格にも対応しています。

衛星(ISDB-S)と地上波(ISDB-T)

私は日本在住なので、とりあえず日本の放送が映れば嬉しいです。ISDB-S, ISDB-T 用のチューナー、デモジュレーターのドライバを作ってみました。

無事、会社の開発ボードで放送波が受信でき、開発ボード → PC に TS を投げつけることで、PC の VLC プレーヤーでワンセグを拝めました。VLC プレーヤー便利です。

フロントエンドって何ですか?状態のド素人からの出発で、1人でセカセカ 3週間くらいでした。チューナーもデモジュレーターも、単品で独立した LSI が多いのでわかりやすい(※)です。フロントエンド系に詳しくて、Linux のドライバ開発に慣れている人なら、もっと早くできるでしょう。

実装したドライバは Linux の開発 ML に送ってみたけれど、今のところ特にお返事ありません。悲しい…。

Linux のフロントエンドドライバの対応状況は結構偏っています。DVB は手厚いですが ATSC, DTMB, ISDB は手薄に見えます。もしご興味ある方は DVB 以外にトライしてみると、喜ばれるのではないでしょうか?

(※)悲しいことに、一番訳が分からなくて手間が掛かるのは、いつも自社の SoC です。未だに良くわからん部分があり、Linux の開発 ML に投稿できていません。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。加筆あり。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 28日 01:17]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

最初の設計が肝心

初期段階の設計失敗を、最終段階の設定や運用で取り返そうとすると苦労するよね…。と思った良い例だったので、つらつら書いてみます。

Windows 7(Vista からかも?)あたりから Windows Update 後にコンピュータを自動再起動する仕組みが導入されました。この仕組みは不評らしく、自動再起動を無効化する方法を紹介するページがたくさん見つかります。

一方の Microsoft は最新セキュリティパッチを当てた状態の Windows を使ってほしいため、自動再起動を無効化する手段を片っ端から潰しています。

しかしユーザー側は諦めません。Windows 10 時代になっても、あの手この手で「自動再起動を無効化する方法」を紹介するページがたくさん見つかります。Windows 7, 8, 10 と導入から時間が経ってもこの有様ですから、相当嫌われていることがわかります。

挙句の果てに Microsoft 公式サポートが自動再起動を無効化する方法を紹介Windows 10 / Windows Server 2016 の Windows Update 後の自動再起動の制御方法 - Japan WSUS Support Team Blog)しているほどですから、Microsoft だってこの仕組みが鬱陶しいことに気づいています。

直したいけど直せない?

でもどうして改善されないんでしょうか?

この問題の根本原因は Windows Update の仕組みがイマイチ、つまりいちいち再起動を必要とすることです。Update 後の再起動を不要にすれば問題は解決します。

当然この程度のこと Microsoft も分かっているはずなのに、いつまでも取り組まないところを見ると、おそらくかなり初期段階のミスというか設計不良をやらかしていて、直すのが困難なのでしょう。

根本原因を直せない以上、場当たり的な方法(自動再起動)で誤魔化し続けるしかなく、Microsoft とユーザーの不毛な争いが続くんですね。

私もやらかしたことありますけど、設計段階の大失敗が量産後に判明することは割とあります。私がやらかした問題は直し方がわかっていますし、あちこちで火を噴いている問題児なのですが「直すと影響が大きい」という理由で、小手先の対応しか取らないまま、数年放置されています。

規模や難易度が全く違いますが、Windows Update の自動再起動問題と同じ構造だなあ……、なんて思いました。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2018年 5月 21日 01:41]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    Linux も、先日の Meltdown 対策のようなカーネルの更新があるとどうしても再起動が必要ですね。動的パッチ当てはどこまで実用化されているのか、それも Meltdown 対策のようなものまでいけるのか、わかりませんが。あと libc のようなライブラリの更新の場合も、ほとんどのプロセスの再起動が必要なんてことも考えられます。ついつい先延ばしにしてしまいますが...
    Windows も、たまに再起動のいらない更新もあるんですが、再起動の必要な更新が多い感じはしますよね。 
    (2018年05月21日 22:55:57)
  • すずき 
    数えたことはありませんが Windows はほぼ毎回再起動ですね。再起動が要らないのは Office の更新くらい??

    Windows は設計時に想像すらしていなかった事態がいろいろ起きているんだろうなと、勝手に想像しています。良くやっているなあと思います…。
     
    (2018年05月22日 22:26:24)
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2018年 5月 26日 -
      2018年 5月 17日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 12/19 11:54

カレンダー

<2018>
<<<05>>>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

最近のコメント 5件

  • link 18年12月11日
    すずき 「> 但し、これもう一年以上前の話で...」
    (更新:12/19 11:54)
  • link 18年12月11日
    T4 「> Rockchip の U-bo...」
    (更新:12/18 13:31)
  • link 18年11月28日
    すずき 「Linux に contribute す...」
    (更新:12/10 12:33)
  • link 18年11月28日
    T4 「やっぱり貴方でしたか、ご苦労さまでした。...」
    (更新:12/05 09:20)
  • link 18年11月28日
    すずき 「RK3228 じゃなくて RK3288 ...」
    (更新:12/05 02:19)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 18年12月15日
    すずき 「[ARM ワンボード PC のネットワーク] Raspberry ...」
    (更新:12/16 01:11)
  • link 18年12月14日
    すずき 「[不具合再現せず] Tinker Board でサウンド周りを有効...」
    (更新:12/16 00:37)
  • link 18年12月11日
    すずき 「[Tinker Board と linux-next] 先日購入(...」
    (更新:12/16 00:12)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報