link もっと前
   2017年 6月 20日 -
      2017年 6月 11日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

exim4 の設定

サーバの exim4 が IPv6 socket creation failed というエラーを出し続けていて、鬱陶しいです。

どうしたものかと思っていたら、同じ症状で悩んでいる人を見つけました。要は設定ファイルに disable_ipv6 = true を足せば良いだけみたいですが、Debian の exim4 は変な設定方法になっていて苦戦していました。

まずは、現在の状態を確認してみます。

exim4 の設定を更新、確認する方法
# update-exim4.conf

# exim4 -bP disable_ipv6
no_disable_ipv6

これは無効(disable)が無効(no)なので、IPv6 有効状態です。なんで enable_ipv6 じゃないんだろう。変な名前…。

変更方法ですが、先ほどのフォーラムによれば /etc/exim4/update-exim4.conf.conf に足しても意味が無くて /etc/exim4/exim4.conf.template に足すと良いみたいです。

exim4 の設定を変更
# vim /etc/exim4/exim4.conf.template

# update-exim4.conf

# exim4 -bP disable_ipv6
disable_ipv6

とりあえず設定ファイルの先頭に足してみたら効いているみたいですが、どこでも良いのか?これ。

一応 /usr/share/doc/exim4/README.Debian.gz にマニュアルがありますが、クッソ長くて読む気が起きないです。

拾い読みした感じだと、多分 2.1.1.12. Split configuration into small files の真ん中辺りに書いてある、

If you chose unsplit configuration, update-exim4.conf builds the configuration from /etc/exim4/exim4.conf.template, which is basically the files from /etc/exim4/conf.d/ concatenated together at package build time, and thus guarantees consistency on the target system.

設定ファイルを分割していない人(私がそう)は exim4.conf.template に全ての設定が書いてあるから、何か足したければ exim4.conf.template に足せば良さそうだな?ってのが何となくわかります。でも、仕組みは良いから使い方を書いてくれないかな…って気分になりますね。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 6月 18日 02:29]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    Exim は知りませんでしたが conf.d スタイルになっているパッケージ結構ありませんか。共通ファイルをいじると、パッケージ更新の時に手動マージになることがあって手間なので conf.d に勝手に俺様ファイルを作るのがいいのかなと思います。 
    (2017年06月18日 06:03:57)
  • すずき 
    >hdk さん
    Apache と cron くらいしか知りませんが、conf.d スタイルはありますね。概念を揃えていただけるのはありがたいのですが、exim4 の微妙なところは反映のさせ方が独特でわからないところです。
    なぜこうなっているのかまではわかりませんが、exim4 が設定ファイルの分割に対応していないところに、強引に設定ファイルの分割を持ち込んだのかなあ? 
    (2017年06月18日 14:22:06)
open/close この記事にコメントする



link permalink

ALSA のミキサーと regmap その 2

その 1その 2

メモ代わりの超マニアックな話です。kcontrol については前回を参照。

ALSA の kcontrol はレジスタのアドレスと値の範囲を ALSA の共通レイヤに渡すだけで、ミキサー機能から、ハードウェアレジスタの値が書き換えられます。レジスタの値をアクセスする関数を一切書いていないにも関わらず、です。

最初、この仕組みがわからず、超不思議でした。どうなってるんでしょうか?

kcontrol と regmap

まず kcontrol が何をしているか見てみます。といっても kcontrol 側は深追いせず、レジスタアクセスのみ調べます。ちなみに kcontrol_new の何がどうなってミキサーに繋がるか調べるのは、かなり大変そうです……。

kcontrol の宣言と SOC_DOUBLE の実装

//linux-4.4/sound/soc/codecs/tas571x.c

static const struct snd_kcontrol_new tas5717_controls[] = {
...
        SOC_DOUBLE("Speaker Switch",
                   TAS571X_SOFT_MUTE_REG,
                   TAS571X_SOFT_MUTE_CH1_SHIFT, TAS571X_SOFT_MUTE_CH2_SHIFT,
                   1, 1),


//linux-4.4/include/sound/soc.h

#define SOC_DOUBLE(xname, reg, shift_left, shift_right, max, invert) \
{       .iface = SNDRV_CTL_ELEM_IFACE_MIXER, .name = (xname),\
        .info = snd_soc_info_volsw, .get = snd_soc_get_volsw, \    //★たぶんこれ使って読んでるんだろう★
        .put = snd_soc_put_volsw, \
        .private_value = SOC_DOUBLE_VALUE(reg, shift_left, shift_right, \
                                          max, invert, 0) }


//linux-4.4/sound/soc/soc-ops.c

int snd_soc_get_volsw(struct snd_kcontrol *kcontrol,
        struct snd_ctl_elem_value *ucontrol)
{
...
        ret = snd_soc_read_signed(component, reg, mask, shift, sign_bit, &val);
        if (ret)
                return ret;
...


//linux-4.4/sound/soc/soc-ops.c

static int snd_soc_read_signed(struct snd_soc_component *component,
        unsigned int reg, unsigned int mask, unsigned int shift,
        unsigned int sign_bit, int *signed_val)
{
...
        ret = snd_soc_component_read(component, reg, &val);
        if (ret < 0)
                return ret;


//linux-4.4/sound/soc/soc-io.c

int snd_soc_component_read(struct snd_soc_component *component,
        unsigned int reg, unsigned int *val)
{
        int ret;

        if (component->regmap)
                ret = regmap_read(component->regmap, reg, val);    //★regmap で読み出すか★
        else if (component->read)
                ret = component->read(component, reg, val);    //★regmap が無くて、独自のレジスタアクセス関数があればそちらを使う★
        else
                ret = -EIO;    //★どちらもなければエラー★

        return ret;
}

はい、やっと出ました regmap です。コードを見ると component->regmap とやらを参照していますが、こんなものを設定した覚えはありません。どこから来たのでしょうか?

答えは前回の最後に呼んでいた snd_soc_register_codec() にあります。

snd_soc_register_codec

答えは snd_soc_register_codec() にある、あるんですけど、ちょっと面倒くさいです。

snd_soc_register_codec

//linux-4.4/sound/soc/soc-core.c

int snd_soc_register_codec(struct device *dev,
                           const struct snd_soc_codec_driver *codec_drv,
                           struct snd_soc_dai_driver *dai_drv,
                           int num_dai)
{
...
        struct snd_soc_codec *codec;
...
        codec = kzalloc(sizeof(struct snd_soc_codec), GFP_KERNEL);
        if (codec == NULL)
                return -ENOMEM;

        codec->component.codec = codec;

        ret = snd_soc_component_initialize(&codec->component,    //★注目その 2★
                        &codec_drv->component_driver, dev);
        if (ret)
                goto err_free;
...
        mutex_lock(&client_mutex);
        snd_soc_component_add_unlocked(&codec->component);    //★注目その 1★
        list_add(&codec->list, &codec_list);
        mutex_unlock(&client_mutex);
...

順序が逆転しますが、ゴールから逆にたどる形で説明します。まず component->regmap がどこから来たのか?を追います。答えは snd_soc_component_add_unlocked() にあります。

component->regmap が設定されるまで

//linux-4.4/sound/soc/soc-core.c

static void snd_soc_component_add_unlocked(struct snd_soc_component *component)
{
        if (!component->write && !component->read) {
                if (!component->regmap)
                        component->regmap = dev_get_regmap(component->dev, NULL);
...


//linux-4.4/drivers/base/regmap/regmap.c

struct regmap *dev_get_regmap(struct device *dev, const char *name)
{
        struct regmap **r = devres_find(dev, dev_get_regmap_release,
                                        dev_get_regmap_match, (void *)name);
...


//linux-4.4/drivers/base/regmap/regmap.c

static int dev_get_regmap_match(struct device *dev, void *res, void *data)
{
        struct regmap **r = res;
...
        /* If the user didn't specify a name match any */
        if (data)
                return (*r)->name == data;
        else
                return 1;
...


//linux-4.4/drivers/base/devres.c

void * devres_find(struct device *dev, dr_release_t release,
                   dr_match_t match, void *match_data)
{
        struct devres *dr;
...
        dr = find_dr(dev, release, match, match_data);
...


//linux-4.4/drivers/base/devres.c

static struct devres *find_dr(struct device *dev, dr_release_t release,
                              dr_match_t match, void *match_data)
{
        struct devres_node *node;

        list_for_each_entry_reverse(node, &dev->devres_head, entry) {
                struct devres *dr = container_of(node, struct devres, node);

                if (node->release != release)
                        continue;
                //★今回は match に dev_get_regmap_match() を渡しています★
                //★また match_data には NULL を渡しています★
                //★dev_get_regmap_match() の第 3引数が NULL の場合、最初に見つけた regmap にヒットします★
                if (match && !match(dev, dr->data, match_data))
                        continue;
                return dr;
        }

        return NULL;
}

以上のように component->regmap は dev_get_regmap(component->dev, NULL) の結果を使っています。dev_get_regmap() の第 2引数 NULL なので、デバイスのリソース一覧(dev->devres_head)から、とにかく何でも良いので最初に見つけた regmap を返してくれという意味になります。

最初見たとき、関数名と中身が全然違うので、分かるわけねぇだろこんなの…って思いました。

次に component->dev はどこから来たのか?を追います。答えは snd_soc_component_initialize() にあります。

component->regmap が設定されるまで

//linux-4.4/sound/soc/soc-core.c

static int snd_soc_component_initialize(struct snd_soc_component *component,
        const struct snd_soc_component_driver *driver, struct device *dev)
{
...
        component->dev = dev;    //★これです★
        component->driver = driver;
        component->probe = component->driver->probe;
        component->remove = component->driver->remove;

こちらはそんなに難しくないですね。

最後の疑問

ここまで調べてきて分かったことは、下記の通りです。

  • ALSA の kcontrol は snd_soc_component_read() という関数でハードウェアのレジスタにアクセスしているようだ
  • snd_component_read() は component->regmap を使う
  • component->regmap はデバイス component->dev のリソースリストから探す
  • component->dev は snd_soc_register_codec() に渡した dev を使う

ここで最後の疑問です。regmap を devres に追加する方法は?わからないですね。追加した覚えはありません。

でも絶対何かしているハズです。もう一回 TAS5086 のドライバに戻ってみます。

TAS5086 再び

//linux-4.4/sound/soc/codecs/tas5086.c

static int tas5086_i2c_probe(struct i2c_client *i2c,
                             const struct i2c_device_id *id)
{
...
        priv->regmap = devm_regmap_init(dev, NULL, i2c, &tas5086_regmap);    //★もしかしてこれ?★
        if (IS_ERR(priv->regmap)) {
                ret = PTR_ERR(priv->regmap);
                dev_err(&i2c->dev, "Failed to create regmap: %d\n", ret);
                return ret;
        }
...
        if (ret == 0)
                ret = snd_soc_register_codec(&i2c->dev, &soc_codec_dev_tas5086,    //★snd_soc_codec_driver のポインタをここに渡している★
                                             &tas5086_dai, 1);

        return ret;
}

ざっと見ても regmap に何かしているのは devm_regmap_init() だけです。どうして devm_regmap_init() なのでしょうか?どうして regmap_init() ではダメなのでしょうか?

デバイスのリソースリストと regmap の関係

//linux-4.4/include/linux/regmap.h

#define devm_regmap_init(dev, bus, bus_context, config)                 \
        __regmap_lockdep_wrapper(__devm_regmap_init, #config,           \
                                dev, bus, bus_context, config)
//★__regmap_lockdep_wrapper() はロックを取って __devm_regmap_init() を呼ぶマクロ★


//linux-4.4/drivers/base/regmap/regmap.c

struct regmap *__devm_regmap_init(struct device *dev,
                                  const struct regmap_bus *bus,
                                  void *bus_context,
                                  const struct regmap_config *config,
                                  struct lock_class_key *lock_key,
                                  const char *lock_name)
{
        struct regmap **ptr, *regmap;

        ptr = devres_alloc(devm_regmap_release, sizeof(*ptr), GFP_KERNEL);
        if (!ptr)
                return ERR_PTR(-ENOMEM);

        //★regmap_init() も結局 __regmap_init() を呼ぶだけなのに何が違う?★
        regmap = __regmap_init(dev, bus, bus_context, config,
                               lock_key, lock_name);
        if (!IS_ERR(regmap)) {
                *ptr = regmap;
                devres_add(dev, ptr);    //★もしかしてこれ?★
        } else {
                devres_free(ptr);
        }

        return regmap;
}


//linux-4.4/drivers/base/devres.c

void devres_add(struct device *dev, void *res)
{
        struct devres *dr = container_of(res, struct devres, data);
        unsigned long flags;

        spin_lock_irqsave(&dev->devres_lock, flags);
        add_dr(dev, &dr->node);
        spin_unlock_irqrestore(&dev->devres_lock, flags);
}


//linux-4.4/drivers/base/devres.c

static void add_dr(struct device *dev, struct devres_node *node)
{
        devres_log(dev, node, "ADD");
        BUG_ON(!list_empty(&node->entry));
        list_add_tail(&node->entry, &dev->devres_head);    //★ここでリストに追加している!★
}

以上のように、devm_regmap_init() も regmap_init() も regmap 初期化という役割から見ると同等ですが、devm_regmap_init() はデバイスのリソースリスト(dev->devres_head)に regmap を登録するという役割も果たしています。

まとめ

まとめると、

  • ALSA の kcontrol を使うときは regmap_init() ではなく、必ず devm_regmap_init() を使い、regmap をデバイスのリソースリストに足しましょう。
  • regmap を登録したデバイスを snd_soc_register_codec() に渡しましょう。別のデバイスを渡してはいけません。

このルールだけ見れば難しくないですが、なぜこのルールなのか調べると、結構複雑でした。面白かったです。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 6月 17日 18:29]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ALSA のミキサーと regmap その 1

その 1その 2

メモ代わりの超マニアックな話です。なぜ ALSA のドライバ、特にミキサーが regmap を使うのかを調べました。

ALSA のドライバでミュートの ON/OFF とか、ボリューム上げ下げの機能を実装するときに、kcontrol というフレームワークを使います。

ボリュームはさらにもう一つ仕組みがあって面倒なので、ミュート ON/OFF スイッチを例にします。下記は Texsas Instruments の TAS5711 という DAC のドライバです。

kcontrol の宣言

//from linux-4.4/sound/soc/codecs/tas571x.c

static const struct snd_kcontrol_new tas5711_controls[] = {
...
        SOC_DOUBLE("Speaker Switch",
                   TAS571X_SOFT_MUTE_REG,
                   TAS571X_SOFT_MUTE_CH1_SHIFT, TAS571X_SOFT_MUTE_CH2_SHIFT,
                   1, 1),
};

引数の意味はスイッチの名前(Speaker Switch)、レジスタのアドレス、L チャネルを制御するときのシフト数、R チャネルを制御するときのシフト数、最大値、反転するかどか、みたいです。

「反転するかどうか」を何に使っているかというと、通常 ON = max 値, OFF = min 値という意味ですが、ON = min 値, OFF = max 値にするようです。TI TAS5711 仕様書の SOFT MUTE REGISTER (0x06) を見た感じ、Mute するときは 1 設定しろとありますので、多分合っていると思います。間違ってたらごめんよ。

もちろんこれだけではダメで、struct snd_soc_codec_driver の controls にポインタを代入し、snd_soc_register_codec() に渡す必要があります。

どうも tas571x.c のドライバは TAS5711 と TAS5717 という 2つの DAC に対応するため、渡し方がちょっと変わってるので、TAS5086 用のドライバを見ます。

kcontrol の宣言

//from linux-4.4/sound/soc/codecs/tas5086.c

static const struct snd_kcontrol_new tas5086_controls[] = {
        SOC_SINGLE_TLV("Master Playback Volume", TAS5086_MASTER_VOL,
...

static struct snd_soc_codec_driver soc_codec_dev_tas5086 = {
        .probe                  = tas5086_probe,
        .remove                 = tas5086_remove,
        .suspend                = tas5086_soc_suspend,
        .resume                 = tas5086_soc_resume,
        .controls               = tas5086_controls,    //★snd_kcontrol_new 配列のポインタをここに渡している★
        .num_controls           = ARRAY_SIZE(tas5086_controls),
        .dapm_widgets           = tas5086_dapm_widgets,
        .num_dapm_widgets       = ARRAY_SIZE(tas5086_dapm_widgets),
        .dapm_routes            = tas5086_dapm_routes,
        .num_dapm_routes        = ARRAY_SIZE(tas5086_dapm_routes),
};

static int tas5086_i2c_probe(struct i2c_client *i2c,
                             const struct i2c_device_id *id)
{
...
        if (ret == 0)
                ret = snd_soc_register_codec(&i2c->dev, &soc_codec_dev_tas5086,    //★snd_soc_codec_driver のポインタをここに渡している★
                                             &tas5086_dai, 1);

        return ret;
}

こんな感じです。本当に言いたかったことは regmap ですけど、出てこないうちに終わってしまいました。また次回にします。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 6月 17日 18:29]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2017年 6月 20日 -
      2017年 6月 11日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 12/7 11:16

カレンダー

<2017>
<<<06>>>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

最近のコメント 20件

  • link 17年11月24日
    すずき 「SHA-3 はもう決定していて、kecc...」
    (更新:11/26 17:09)
  • link 17年10月21日
    すずき 「家だとブリッジで良いんですが、会社だとそ...」
    (更新:10/28 12:43)
  • link 17年10月21日
    hdk 「VirtualBox 用に ICS 使う...」
    (更新:10/26 01:13)
  • link 17年09月23日
    すずき 「そうですね、体験していたはずなんですが、...」
    (更新:10/17 22:53)
  • link 17年09月23日
    hdk 「我々も小学校低学年の頃はまだ学校週5日制...」
    (更新:10/16 23:53)
  • link 17年09月29日
    すずき 「私も IOMMU と DDR のインタリ...」
    (更新:10/09 22:41)
  • link 17年09月29日
    hdk 「非連続物理アドレスは IOMMU を使っ...」
    (更新:10/09 00:35)
  • link 17年09月29日
    すずき 「会社ではビデオ系ハード、グラフィクス、デ...」
    (更新:10/07 12:26)
  • link 17年09月29日
    hdk 「CMA は噂によれば、ビデオのハードウェ...」
    (更新:10/06 21:37)
  • link 17年09月03日
    すずき 「言われてみると大学時代とか、どうやって運...」
    (更新:09/06 01:13)
  • link 17年09月03日
    hdk 「GPS精度は端末次第なところも大きいです...」
    (更新:09/05 23:10)
  • link 17年09月03日
    すずき 「>hdk さん\n7年落ちのカーナビに対...」
    (更新:09/05 00:15)
  • link 17年09月03日
    hdk 「自分の場合カーナビは普段は全然使わず、必...」
    (更新:09/04 20:50)
  • link 14年10月26日
    すずき 「コメントありがとうございます。お役に立て...」
    (更新:07/02 11:40)
  • link 14年10月26日
    通りすがり 「当方外付けサウンドカードorDACの購入...」
    (更新:07/02 02:41)
  • link 17年06月17日
    すずき 「>hdk さん\nApache と cr...」
    (更新:06/18 14:22)
  • link 17年06月17日
    hdk 「Exim は知りませんでしたが conf...」
    (更新:06/18 06:03)
  • link 17年05月03日
    すずき 「>hdk さん\nあー、そうか。やっと言...」
    (更新:05/08 22:55)
  • link 17年05月03日
    hdk 「いやー、ネスト自体は Linux KVM...」
    (更新:05/07 16:05)
  • link 17年05月03日
    すずき 「>hdk さん\n仮想化支援機能をエミュ...」
    (更新:05/07 01:16)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 17年11月24日
    すずき 「[モナコイン] 仮想通貨の勉強がてら、モナコイン(以外の仮想通貨に...」
    (更新:12/07 11:16)
  • link 17年12月01日
    すずき 「[ARM で CubeHash] 先日(2017年 11月 30日...」
    (更新:12/03 01:35)
  • link 17年11月30日
    すずき 「[モナコインと CubeHash] 先日(2017年 11月 24...」
    (更新:12/01 02:24)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報