link もっと前
   2017年 4月 20日 -
      2017年 4月 11日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

include の謎の文法

C/C++ 言語のヘッダをインクルードする #include ディレクティブには 2つの指定方法があります。1つは #include <cstdio> のように山括弧で囲う方法、もう 1つは #include "cstdio" のように二重引用符で囲う方法です。

このうち山括弧で囲う方は少し変わった文法規則になっており、ファイル名に '>' や改行を指定できない特徴があります。詳細は下記の通りです。

#include <...> の文法規則
N3797 Working Draft, Standard for Programming Language C++ より

----

control-line:
  # include pp-tokens new-line
  (...略...)

pp-tokens:
  preprocessing-token
  pp-tokens preprocessing-token

preprocessing-token:
  header-name    ★これ
  identifier
  pp-number
  character-literal
  user-defined-character-literal
  string-literal
  user-defined-string-literal
  preprocessing-op-or-punc
  each non-white-space character that cannot be one of the above

header-name:
  < h-char-sequence >    ★これ
  " q-char-sequence "

h-char-sequence:
  h-char
  h-char-sequence h-char

h-char:
  any member of the source character set except new-line and >

注目すべきは文字列リテラルと異なり、エスケープ規則がないことです。エスケープしようとして \> と書いても「バックスラッシュと山括弧」と認識されてしまい '>' を指定したことになりません。

従って、もしヘッダのファイル名に '>' が含まれていると、#include "..." ではインクルードできるのに、#include <...> ではインクルードできない、変なヘッダファイルになってしまいます。C/C++ 言語の制約と言えば制約ですけど、そんな変なヘッダ名を付ける人は居ないので、ほぼ実害はありません。

規格書を見ると、header-name は #include 専用と言って良いほどの特殊な文法です。何気なく使っている #include の意外な一面を見た気がします。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 4月 21日 00:24]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ありがとう Amazon さん

先日(2017年 4月16日の日記参照)の続きです。

全く起動しなくなった ASRock J4205-ITX を初期不良で交換してもらうべく、ASRock のサポートフォームから質問してみましたが、全く返事が来ず途方に暮れていました。

もうどうしようも無いので、ダメ元で Amazon のカスタマサービスに泣きついてみたところ、事情を考慮して交換に応じて頂けるとのこと。さすが Amazon さん。

冤罪の可能性を消したい

交換までしてもらって、実はマザーボードの故障ではなく、奇跡の確率でメモリが 2つとも不良品だったらどうしよう?この期に及んでメモリも交換してださい、なんて絶対言えないだろ……などと若干不安に思っていました。

しかし、目の前にあるノート PC (ThinkPad Edge E420) は SandyBridge な Core i5 マシンです。DDR3 1333 SODIMM が使えます。つまりこのノート PC を使えば新しく買ったメモリの動作テストができます。

今思えば 1週間も ASRock のマザーと闘うくらいなら、最初からノート PC にブッ差せば良かったです。こんな初歩的なことに気づいていなかったとは不覚。

早速、ノート PC の裏蓋を剥がしメモリを差し替えました。拍子抜けするほどあっさり Windows 10 が起動しました。やはりメモリは壊れておらず、マザーボードの故障で間違いなさそうです。良かっ…いや、壊れているから良いというのも変か、だけど、何だかホッとしました。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。追記もした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 4月 20日 23:47]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ついにお亡くなりになったマザーボード

先日(2017年 4月 5日の日記参照)の続きです。

ASRock J4205-ITX が完全にお亡くなりになりました。ついに DDR 1枚差しでも UEFI が起動しなくなりました(※)。

マザーボードを交換してほしいですが、Amazon の初期不良対応を見ると、メーカー担当者の名前を書けとあります。

しかし 2週間前にメールした ASRock のサポートには完全に無視されていて、書きようがありません。

どうしたら良いんでしょうね。困りました。

色々頑張った(※)記録

DDR は 2枚ありますがどちらを差しても、ウンともスンとも言いません。以前はこの状態に陥っても CMOS クリアでなんとか起動していました(当然、設定は全部やりなおし)が、それすらもダメでした。

電源は 2種類試したけど起動しません。電源の故障ではありません。ディスプレイは他のマシンに差せば映るので、ディスプレイでもありません。

残るはマザーボードとメモリしかないので、マザーボードの初期不良、もしくは、メモリ 2枚同時の初期不良しか考えられません。

しかしメモリの線は薄いと思っています。1つならまだしも 2つ同時に初期不良はありえないです。ほぼ間違いなくマザーボードがイカれてます。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 4月 17日 01:26]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2017年 4月 20日 -
      2017年 4月 11日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 9/10 14:19

カレンダー

<2017>
<<<04>>>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

最近のコメント 5件

  • link 17年09月03日
    すずき 「言われてみると大学時代とか、どうやって運...」
    (更新:09/06 01:13)
  • link 17年09月03日
    hdk 「GPS精度は端末次第なところも大きいです...」
    (更新:09/05 23:10)
  • link 17年09月03日
    すずき 「>hdk さん\n7年落ちのカーナビに対...」
    (更新:09/05 00:15)
  • link 17年09月03日
    hdk 「自分の場合カーナビは普段は全然使わず、必...」
    (更新:09/04 20:50)
  • link 14年10月26日
    すずき 「コメントありがとうございます。お役に立て...」
    (更新:07/02 11:40)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 17年09月09日
    すずき 「[ハンドスピナー] 流行に 2周遅れくらいですが、ハンドスピナーを...」
    (更新:09/10 14:19)
  • link 14年11月15日
    すずき 「[USB-DAC と矩形波] 前回は Sin 波を見ました(201...」
    (更新:09/09 22:22)
  • link 17年09月08日
    すずき 「[ヘッドフォンのノイズ] 昨日(2017年 9月 7日の日記参照)...」
    (更新:09/09 21:28)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報