link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

link もっと前
   2009年 1月 30日 ---> 2009年 1月 21日
link もっと後

2009年 1月 30日

ソフトウェア RAID のディスク交換

RAID-5, 6 あるいは 1 などでディスクが壊れた際の交換方法を紹介します。

ディスクが壊れた
# df
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/sda1             62498888   1879716  60619172   4% /
/dev/md0                521580    521580         0 100% /mnt/md0

# mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 00.90.03
  Creation Time : Sat Jan 31 16:05:28 2009
     Raid Level : raid5
     Array Size : 521600 (509.46 MiB 534.12 MB)
    Device Size : 104320 (101.89 MiB 106.82 MB)
(... 略 ...)

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       17        0      active sync   /dev/sdb1
       1       8       33        1      active sync   /dev/sdc1
       2       8       49        2      active sync   /dev/sdd1
       3       8       18        3      active sync   /dev/sdb2
       4       8       50        4      active sync   /dev/sdd2
       5       8       34        5      active sync   /dev/sdc2

# mdadm --fail /dev/md0 /dev/sdb1
mdadm: set /dev/sdb1 faulty in /dev/md0

# mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 00.90.03
  Creation Time : Sat Jan 31 16:15:28 2009
     Raid Level : raid5
     Array Size : 521600 (509.46 MiB 534.12 MB)
    Device Size : 104320 (101.89 MiB 106.82 MB)
(... 略 ...)

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       0        0        0      removed
       1       8       33        1      active sync   /dev/sdc1
       2       8       49        2      active sync   /dev/sdd1
       3       8       18        3      active sync   /dev/sdb2
       4       8       50        4      active sync   /dev/sdd2
       5       8       34        5      active sync   /dev/sdc2

       6       8       17        -      faulty spare   /dev/sdb1

Linux でソフトウェア RAID アレイをいじるには mdadm コマンドを使います。使用中の RAID アレイ(100MB ディスク 6本からなる RAID-5 アレイ)で故障を発生させます。といっても実際にディスクを破壊するわけにはいきませんので、--fail でシステムに故障を伝えます。故障したデバイスは faulty spare という状態に変更されます。

次に故障したディスクを外します。

ディスクを取り除く
# mdadm --remove /dev/md0 /dev/sdb1
mdadm: hot removed /dev/sdb1

# mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 00.90.03
  Creation Time : Sat Jan 31 16:28:28 2009
     Raid Level : raid5
     Array Size : 521600 (509.46 MiB 534.12 MB)
    Device Size : 104320 (101.89 MiB 106.82 MB)
(... 略 ...)

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       0        0        0      removed
       1       8       33        1      active sync   /dev/sdc1
       2       8       49        2      active sync   /dev/sdd1
       3       8       18        3      active sync   /dev/sdb2
       4       8       50        4      active sync   /dev/sdd2
       5       8       34        5      active sync   /dev/sdc2

故障したディスク(faulty spare)を --remove に指定して、アレイから取り除きます。アレイから取り除けるのは、故障している、していないに関わらずスペアディスクのみです。活きているディスクを --remove しようとしても失敗します。

次に新たなディスクを追加します。

ディスクを追加する
# mdadm --add /dev/md0 /dev/sdb1
mdadm: added /dev/sdb1

# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [raid0] [raid1] [raid10] [raid6] [raid5] [raid4] [multipath] [faulty]
md0 : active raid5 sdb1[6] sdd2[4] sdc2[5] sdb2[3] sdd1[2] sdc1[1]
      521600 blocks level 5, 64k chunk, algorithm 2 [6/5] [_UUUUU]
      [====>................]  recovery = 20.5% (22272/104320) finish=0.0min speed=22272K/sec

unused devices: <none>

# mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 00.90.03
  Creation Time : Sat Jan 31 16:58:28 2009
     Raid Level : raid5
     Array Size : 521600 (509.46 MiB 534.12 MB)
    Device Size : 104320 (101.89 MiB 106.82 MB)
(... 略 ...)

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       17        0      active sync   /dev/sdb1
       1       8       33        1      active sync   /dev/sdc1
       2       8       49        2      active sync   /dev/sdd1
       3       8       18        3      active sync   /dev/sdb2
       4       8       50        4      active sync   /dev/sdd2
       5       8       34        5      active sync   /dev/sdc2

新たなディスクを --add で加えることでディスクの数が 6本に戻ります。するとリカバリが始まります。今まで通り --detail で見ても良いですが、/proc/mdstat にもっとわかりやすい進行表示が出ます。

素晴らしいことに RAID-5 アレイを止めなくとも、上記の作業が全てできます。リカバリ処理も I/O 帯域を食いつぶさないように加減しますから、ユーザは --remove してディスク交換して --add すれば、後はシステムがよきに計らってくれるわけです。便利ですね。

編集者: すずき(更新: 2009年 2月 1日 06:22)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2009年 1月 25日

VAIO が嫌われた

SeaMonkey でVAIO type G のサイトを見ると 100%フリーズします。一方 IE7 だと正常に表示されます。

SeaMonkey がクラッシュするなら開発元にレポートを送れるけど、フリーズだとどうしようもないですね。しかもどういう条件で再現するのか試しているうちに、一切フリーズしなくなってしまいました。真相は闇の中です。

もちろん今も正常に表示されます。原因はフラッシュ周りかと思ったけど、IE は動いていたしなあ?一体なんだったんだろうか。キャッシュが壊れたのかなあ?

編集者: すずき(更新: 2009年 2月 8日 14:55)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2009年 1月 24日

アトム

最近話題の Intel Atom 330 を買いました。1.60GHz 駆動、デュアルコア& Hyper-Threading で疑似 4コアだそうです。HDD を外付けして静音ファイルサーバにする予定です。

静音性、値段、省スペース性から見て玄箱 PRO は有力な対立候補でしたが、肝心の PCI Express スロットは箱から基盤をばらさないと使えなくて不便だし、CPU が非力(ARM9/400MHz)なので見送りました。

Atom プロセッサは単独では販売されておらず、マザーボードとセットで販売されています。価格は 1万円くらいです。安いもんですね。

現時点で Atom 330 を搭載する製品は Intel D945GCLF2 と MSI Wind Board 330 です。あとは ECS からも出るとか出ないとか。どちらのボードもノース Intel 945GC、サウス ICH7 です。ネットワークやオーディオ周りが違うので要チェック。

ファイルサーバ

以下、ファイルサーバでやりたいことリスト。

  • e-SATA とポートマルチプライヤ
  • iSCSI ターゲットか ATA over Ethernet ターゲット

ATA over Ethernet は以前 VM 上で実験して散々な結果でしたが、実機だとどうかなあ。

編集者: すずき(更新: 2009年 1月 25日 05:29)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2009年 1月 21日

ATA over Ethernet

Ethernet を SAN として使う技術は SCSI プロトコルを TCP/IP でやりとりする iSCSI が有名ですが、ATA プロトコルを Ethernet でやりとりする ATA over Ethernet(以降 ATAoE)という技術もあります。

ATAoE の売りは複雑な TCP/IP スタックを省略することで、ATAoE 対応ストレージ(ターゲットと呼ぶ)が iSCSI ターゲットより安く(高速に?)できるという点です。

しかし TCP/IP を捨てたことは ATAoE の欠点でもあります。特にルーティングができない…というより Ethernet にはルーティングという概念が元からありませんから、単一のセグメント内でしか使えない、という大きな欠点を抱えています。

個人向けならば別にルーティングなんざ必要ないので、ATAoE の「安さ」という点が活きると思いますが、IETF の標準にまで食い込んだ iSCSI をひっくり返すのは難しそうだ…。

使ってみよう、Linux の場合

Buffalo が個人向けの廉価な iSCSI ターゲットを出していますが、ATAoE では個人向けのターゲットは見かけません。

仕方ないので Linux PC 上で vblade というソフトウェアを動かして ATAoE ターゲットを構築します。

ATAoE ターゲット(読み書きリクエストを処理する)側の設定
# aptitude install vblade
(省略)
# dd if=/dev/zero of=file bs=67108864 count=1
# vblade 1 2 eth0 ./file &
ioctl returned 0
67108864 bytes
pid 1603: e1.2, 131072 sectors

これで 1-2 という番号のついた 64MB の ATAoE ターゲットが eth0 のネットワークに対して公開されます。
今は実験なので適当に作った 64MB のファイルをストレージ領域として使っていますが、本番では /dev/hdc などのブロックデバイスを使います。やり方は同じです。

次にイニシエータ側を構築します。

ATAoE イニシエータ(読み書きリクエストを発行する)側の設定
# aptitude install aoetools
(省略)
# aoe-discover
# aoe-stat
      e1.2         0.067GB   eth0 up

# ls -l /dev/etherd
total 0
c-w--w----  1 root disk 152,   3 Jan 25  2009 discover
brw-rw----  1 root disk 152, 288 Jan 25 04:46 e1.2
cr--r-----  1 root disk 152,   2 Jan 25  2009 err
c-w--w----  1 root disk 152,   4 Jan 25  2009 interfaces
c-w--w----  1 root disk 152,   5 Jan 25  2009 revalidate

# fdisk /dev/etherd/e1.2
(省略)
# ls -l /dev/etherd
total 0
c-w--w----  1 root disk 152,   3 2009-01-25 13:45 discover
brw-rw----  1 root disk 152, 288 2009-01-25 04:53 e1.2
brw-rw----  1 root disk 152, 289 2009-01-25 04:53 e1.2p1
cr--r-----  1 root disk 152,   2 2009-01-25 13:45 err
c-w--w----  1 root disk 152,   4 2009-01-25 13:45 interfaces
c-w--w----  1 root disk 152,   5 2009-01-25 13:45 revalidate

まず aoe-discover でターゲットを探し、デバイスファイルを作ります。すると /dev/etherd に e1.2 というブロックデバイスが見えるはずです。この数字はターゲットを作ったときにつけた数字です。数字は適当で良いですが、他とかぶらないようにしましょう。

このブロックデバイスに fdisk などでパーティションを作ると、e1.2p1 のように p と数字がついたデバイスが追加されるはずです。あとは通常のディスクを扱うように mkfs をして、mount します。

Windows の場合

Windows をイニシエータにするには WinAoE という GPL のドライバを利用します。

サイトにある winaoe-0.97g.zip アーカイブを展開します。そして
[コントロールパネル] - [ハードウェアの追加] - [次へ]
- [はい、ハードウェアを接続しています(Y)] - [次へ]
- [新しいハードウェアデバイスの追加](リストの一番下にある) - [次へ]
- [一覧から選択したハードウェアをインストールする(詳細)(M)] - [次へ]
- [SCSI と RAID コントローラ] - [次へ]
- [ディスク使用(H)] - [参照(B)]
先ほど展開したディレクトリに bin というディレクトリがあるので、その中の aoe.inf を指定します。
- [AoE Driver] - [次へ] - [次へ]
署名されていないドライバなので、インストール時に警告が出ます。納得できるならインストールしてください。

ATAoE イニシエータ側の設定
> aoe scan
Client NIC          Target      Server MAC         Size
 00:01:xx:xx:xx:xx  e1.2        08:00:xx:xx:xx:xx  64M

> aoe mount 00:01:xx:xx:xx:xx 1 2
mounting e1.2 from 00:13:xx:xx:xx:xx

ターゲットを認識させるには MS-DOS プロンプトから aoe scan を実行してターゲットの MAC アドレスを得た後、aoe mount にてクライアントの MAC アドレスとターゲットの番号を指定してマウントします。

あとはローカルのディスクを使うときと同じなのですが、一応説明しておくと、
[コントロールパネル] - [管理ツール] - [コンピュータの管理]
- [記憶域] - [ディスクの管理] - [ディスクn](新しくできているはず)
- 右クリックして [新しいパーティション(N)] - [次へ]
- [プライマリパーティション] - [次へ]
- サイズ入力して [次へ]
- ドライブ文字を割り当てて [次へ]
- フォーマットの条件を決めて [次へ]
- [完了]

これでエクスプローラにドライブが出現するはずです。

性能はいかに

簡単にベンチマークを取ってみたところ、結果は Read、Write ともに 5MB/s という悲しい結果に…。Samba だと 16MB/s 位出るのになあ…。

編集者: すずき(更新: 2009年 1月 25日 15:23)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2009年 1月 30日 ---> 2009年 1月 21日
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 9/24 14:00

カレンダー

<2009>
<<<01>>>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント 5件

  • link 21年03月03日
    すずき 「お役に立てたようで幸いです。」
    (更新:06/17 17:24)
  • link 21年03月03日
    Shige 「とても参考になりました。\nGood!!...」
    (更新:06/17 13:28)
  • link 20年12月19日
    すずき 「なるほど、地元愛 No.1 は福岡なんで...」
    (更新:05/02 00:08)
  • link 20年12月19日
    Twitterから 「> 大学時代に知り合った人たちを思...」
    (更新:04/28 13:38)
  • link 21年04月12日
    すずき 「コメントありがとうございます。ご参考にな...」
    (更新:04/18 22:39)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 21年04月05日
    すずき 「[GCC を調べる - GCC 8.3 の folding バ] ...」
    (更新:09/24 14:00)
  • link 21年09月20日
    すずき 「[RISC-V の cmodel] 目次: RISC-V - まと...」
    (更新:09/21 23:04)
  • link 21年06月18日
    すずき 「[RISC-V まとめリンク] 目次: RISC-V - まとめリ...」
    (更新:09/21 23:01)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 2021年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報