link もっと前
   2008年 7月 29日 -
      2008年 7月 20日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

朝の偶然

寮の最寄り駅でエスカレータが故障して止まっていました。へえ、珍しいな…と思ったら、会社の最寄り駅でもエスカレータが故障して止まっていました。

単独の故障も珍しいくらいなのに、今日に限ってなぜ同時に故障しているのか…。嫌がらせか?お陰でやたら階段を歩きました…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 31日 00:59]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

VAIO の修理

同期の N氏の VAIO type S(VGN-SZ80PS)が Windows の起動中に BSoD するっていうんで、見に行きました。とりあえず memtest86 を一周させてメモリのチェックと、Knoppix を起動させてハード故障などがなさそうなことを確認。

どうやらレジストリが吹っ飛んだようなので、自分の部屋から Windows XP の CD を持ってきて修復インストールしたら直りました。めでたしめでたし。

ちょっと変だよこの BIOS

Windows の復旧自体は、特にトラブルもなく無事に修復できたのですが、実は本来の作業と関係のない場所でやや苦戦しました。

上記の作業は USB 接続のポータブル DVD-Multi ドライブ(Panasonic LF-P967C)でやったわけですが、どうにも起動時にドライブを認識しない。BIOS の起動順序を変更して USB Optical Drive をトップにしても、完全無視して内蔵 IDE HDD から起動してしまいます。

ならば、と内蔵 IDE を起動順序から外すも、虚しく Operation System Not Found と出るだけ。何が何でも無視したいらしい。試行錯誤の結果、電源投入の瞬間にリカバリモードに入るキー(F9 か F10 だったはず)を押せば良いことがわかりました。

流れとしては、以下のような感じです。

  • 内蔵 IDE を起動順序から外します。
  • USB DVD ドライブを接続し、VAIO を起動します。
  • 起動時の VAIO ロゴが出たら F9, F10 付近を連打します。
  • すると突然再起動します。
  • 謎の再起動後、VAIO ロゴの画面でしばらく固まれば OK です。

正確には謎の再起動後、変なウェイト時間があって、突如 USB DVD ドライブを認識し始めます。ESC キーを押して BIOS の出力するメッセージを見るとわかりやすいです。うーん…それにしても変な挙動。

絶対変だよこの BIOS

Windows も直したし、USB DVD ドライブの起動順序を戻そうとしたら、なんと戻せない。起動順序からデバイスを外して再起動すると、外した数だけ起動順序のリストが短くなってしまい、戻せなくなります。もー、なんだよこれ、Phoenix BIOS さん頼むよぉ。

初めがこんな状態だとします。

初めの状態
1. USB CD
2. USB FDD
3. Internal IDE HDD
4. Network
Excluded Device
  None

3. にカーソルを合わせて x キーを押します。すると内蔵 IDE HDD(Internal IDE HDD)が起動順序リストから外れ、下にいたデバイスは上に繰り上げられます。内蔵 IDE HDD は下部(起動順序から除外する欄)に移動され、起動順序リストの最後の番号(4番)は空白になります。

この状態ならばもう一度内蔵 IDE HDD にカーソルを合わせて x キーを押せば、起動順序リスト内に戻すことができます。

内蔵 IDE HDD を外した直後
1. USB CD
2. USB FDD
3. Network
4. 
Excluded Device
  Internal IDE HDD

しかし、再起動してしまうと下記のように起動順序リストが一つ短くなります。こうなるともう内蔵 IDE HDD にカーソルを合わせて x キーを押しても、起動順序リスト内に戻りません。なんという悲劇でしょうか。

再起動後の状態
1. USB CD
2. USB FDD
3. Network
Excluded Device
  Internal IDE HDD

起動順序リストを復旧させるには Exit タブにある Load Default Settings で工場出荷時の設定に戻すしかありませんが、当然ながら、今まで頑張った設定は全て消えます。悲しい…。

機種固有のバグなのか

ノート PC といえば Phoenix BIOS というほど普及しているくせに、なんてひどい作りだ!と憤慨しつつ自分の VAIO type G(VGN-G1)で確かめてみました。我が家の type G も Phoenix BIOS なのです。

ところが上記の現象は全く発生しません。とんだ肩すかしでした。もしかして type S 固有のバグ?

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 31日 01:03]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ぶるーとーす!

先日 SONY の Bluetooth ヘッドセットを買いました。

今までは有線のヘッドフォン(Panasonic RP-HS103)でしたが、携帯オーディオに接続する使い方を想定しているのか線が短いです。現在、延長コードを使って PC と接続していますが、椅子から少し動く度に線がピンと張って、机の上のいろいろな物をなぎ倒し、机の下に落としてくれます。かなりイラつきます。


SONY DR-BT30QA

じゃあ耳掛けタイプのヘッドフォンで無線はないのか…?ということで探してきたのがこの一品、DR-BT30QA です。

いまいちだ

使ってみた感想は、そうですね「便利だけどヘッドフォンとしてはイマイチ」です。

何がイマイチって、通信が一瞬途切れたり、音声データの転送が間に合わなくなったとき、遅れていた分の音声を早回しで再生することです。

この機能のせいで、ヘッドフォンを付けたまま移動するなど通信が不安定になると、突然音が高くなり(早回しモード)、また突然元の音程に(通常モード)戻る現象が発生します。

おかげで歌も曲もかなり音痴に再生されます。暑さで伸びたテープのような再生です。非常に気持ち悪いです。

音が飛ぶより早回しでユーザに全部聞せかるべき、という気持ちはわからなくもないけど、ヘッドフォンが音痴だなんて終わってる…。音楽を聴く人にとっては有害な機能としか思えません。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 30日 02:06]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

しらはま?いやいや、しららはま

会社同期の人達 7人で、和歌山県は白良浜(白浜町)へ行きました。夏と言えば海なんです。当然ながら女性の参加者は 1人も居ません、別に良いんです…。

JR 高槻駅からレンタカー(日産、エルグランド)を借りて、高速をひた走って 2時間半、白良浜の海岸に到着しました。距離は 180km 程度、和歌山って遠いのな。で、途中で見つけたお店で昼食です。さすが海が近いだけあって、海鮮がおいしいです。

海水浴場の周りをぐりぐり巡ってみると駐車場代はだいたい 1,500〜2,000円が相場でしょうか。歩いても良いと言う人は少し遠目に止めれば安いです。ま、何にせよ 7人で割るから怖くないのです。

泳げ

白良浜は遠浅ですが、足の着く深さではありません。足が着くのは海岸から数メートル程度で、それ以上沖に行くと、急に深くなって大人も足が着かなくなります。子供から目を離さないようにしないと危険です。

砂浜にはライフガードが何人も居ましたけど、やはりおぼれる人が多いのかな?

話は変わりますが、同期ほぼ全員で、遊泳区域の限界点まで泳いで海岸まで帰ってくる、というアホなことをやりました。私も泳いでみたら往路は良いものの、復路で息が完全に上がって「やっべ、力尽きたら死んじゃう(足が着かない深さ)じゃん☆」と恐怖でいっぱいですよ。

無理して死んでも馬鹿らしいので背泳ぎに切り替えてヘロヘロと陸まで戻りました。こんな距離すら泳げないか…元々無い体力がさらに衰えているようです。

日焼け止めを塗りたくって挑んだ甲斐あって、日焼けで苦しむことはありませんでした。日焼け止めってすげえのね!

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 30日 01:34]
link 編集する

コメント一覧

  • anjie 
    随分昔の事にコメントしますが、白良浜って、確かに「遠浅」じゃないですよね! 20年くらい前に行った時の記憶は、確かに「遠浅」で、何メートル先も子供でも足が着いたおぼえがあるんです。が、最近行ったら、全然遠浅ではなくびっくりしました。何ででしょう?ね・・・ 
    (2013年08月28日 23:30:03)
  • すずき 
    >anjieさん
    白良浜は砂の流出が続いていて、砂浜の維持のため砂を輸入する必要があるほどだとか。
    もしかすると、年々砂が失われて、砂浜の付近ですら水深が深くなっているのかもしれませんね…。 
    (2013年08月29日 00:09:38)
open/close この記事にコメントする



link permalink

ptrace のサンプルプログラム

まぶち氏から ptrace のサンプルない?って言われたので strace を紹介しました。strace は ptrace の難しいところをどうしているのか見るには良いですが、初めて ptrace を使う人が見るもんじゃない気がします。

入門に使えると信じて、簡単なサンプルを作ってみたので公開。Linux 専用です。link ソースコードはこちらからどうぞ。
(2008年 7月 25日追記)需要はなさそうなものの、一応ライセンスを明確にしました。修正 BSD ライセンスです。

うまくいけばトレース対象のシステムコール名がずらっと表示されるはずです。以下に私の環境での実行結果を示します。

簡易 ptrace プログラムのコンパイル、実行結果
$ gcc -Wall 20080724_ptrace_simple.c

$ ls -l
合計 28
-rw-r--r-- 1 katsuhiro katsuhiro  8679 2008-07-24 02:12 20080724_ptrace_simple.c
-rwxr-xr-x 1 katsuhiro katsuhiro 13367 2008-07-24 02:28 a.out

$ ./a.out ls -la
 1115: child started
 1115: sys out( 11): execve
 1115: sys  in(122): uname
 1115: sys out(122): uname
 1115: sys  in( 45): brk
 1115: sys out( 45): brk
 1115: sys  in( 33): access
 1115: sys out( 33): access
(略)
 1115: sys  in(  4): write
-rwxr-xr-x 1 katsuhiro katsuhiro 13367 2008-07-24 02:28 a.out
 1115: sys out(  4): write
 1115: sys  in(  6): close
 1115: sys out(  6): close
 1115: sys  in( 91): munmap
 1115: sys out( 91): munmap
 1115: sys  in(252): exit_group
 1115: exited, st:0

動作は Debian GNU/Linux 4.0(etch) で確認しました。さほど変なことはやっていないはずなので、最近の Linux ディストリビューションなら問題ないと思います。たぶん…。

簡単な説明

仕組みとしては fork した後に親プロセスは監視役、子プロセスは監視対象、で役割分担します。

親プロセスの仕事は wait -> ptrace(PTRACE_SYSCALL, ...) を繰り返すことです。子プロセスに何か変化があると wait から戻ってくるので、その都度何が起きたか調べます。イベントには色々ありますが、サンプルで見ている種類をざくっと紹介します。

  • 子プロセスの終了 -> 監視を止めます。このとき終了ステータスが取得できます。
  • シグナルで kill された -> 監視を止めます。このときどのシグナルで kill されたか取得できます。
  • シグナルを受け取った -> ptrace を使ってシグナルを子プロセスに渡します。

子プロセスにシグナルを渡さないと、子プロセスがシグナルを認識できません。逆に言うと監視役の親プロセスのさじ加減次第では、子プロセスに飛んで来たシグナルを消すこともできてしまいます。ただし SIGKILL と SIGSTOP は消せません。

受け取ったシグナルが SIGTRAP だったら、システムコールの入口/出口で止まったことを表しますので、システムコール番号の解析をします。

子の仕事は ptrace(PTRACE_TRACEME, ...) を実行して「監視される準備」を整えるだけです。その後は余計なことをせずに監視対象にしたいプログラムを exec してください。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 25日 21:39]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

日記検索

いまさらですが、日記検索機能を改善しました。

今までは過去ログ 1ページまるごと検索結果で出てくるために、検索結果に出てきたページを表示させても結果がどこにあるかわからなくて、再びブラウザ検索で同じ語句を検索する羽目に陥っていました。

当サイトではせっかく日付部分に <a name="..."> を打っているわけですから、namazu に <a name="..."> を目印に split する設定(--html-split オプション)をしました。すると日付単位で検索結果が出るようになります。良きかな良きかな。

こんな便利な機能があるのに今まで気付いてなかったのがちょっとショックだった…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 25日 03:18]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

日本のジャーナリズムとは

毎日新聞が英字版でポルノ記事やら嘘八百を書き散らしていた問題に対して、担当の記者の言い訳。

「性的な話題を取り上げると読者の反応が良かった」上に、「仕事を失うことに恐怖感があり、MDN を閉鎖する言い訳を誰にも与えたくない」といった理由から性的な内容を取り上げていた。

ITmedia の記事毎日新聞、「低俗過ぎ」英文記事問題で内部調査公表 再三の指摘放置、「深刻な失態」より引用

まさに嘘でもなんでもどんと来い。全ては金のために。なんて崇高なジャーナリズムでしょうか…。

記事はマスコミの商品

今回の事件の重大さは、一流マスコミにも関わらず記事チェック機能がいい加減だったことが露呈したことでしょう。

今回の事件を目の当たりにすれば、英語版の記事だけじゃなく日本版の記事にも、

「嘘で誇張すると読者の反応が良かった」上に、「会社が潰れることに恐怖感があり、毎日新聞社を閉鎖する言い訳を誰にも与えたくない」といった理由から(以下略

なんて思うところはありませんか?と勘ぐりたくなります。

毎日新聞は今回「役員と元編集長を処分する。」と厳しく出ました。恐らくさっさと手じまいにしたいのでしょうが、そうもいかないでしょう。この傷は深い。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 23日 01:21]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

白川郷旅行 3日目

大下邸に園芸のメンバーが集まり、飲み会をしていると、まるでつくばにいるかのような錯覚が。懐かしいんだぜー。

昨日の健康的な睡眠とはうってかわって、夜更かしして酒を飲んで枕も使わない不健康な睡眠でしたが、それもまた良し!

昼までうだうだして、新大阪駅へ。地下街(一階?)のぼてじゅうでお好み焼きを食べました。昼時だったからか、かなり混んでました。昼食後、園芸のみなさんは新幹線に乗って帰って行きました…。

大下さんと「終わっちゃったねえ、楽しかったねえ。」ってな話をしつつ帰りました。楽しかった非日常も終わってしまったんだなあ…なんて、大学生の頃より寂しさが増して感じるのでした。ぜひまた行きましょう。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 30日 01:06]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

白川郷旅行 2日目

昨晩は温泉に浸かってゆったりした上、22時消灯だったため、朝の 7時に起きても気分爽快。ここ最近体験したことのないくらいの早寝でした。

朝ご飯を食べた後、宿を出発する前に宿の近所を散策しました。宿の裏にある八幡神社や、お寺(光明山常徳寺)に行きました。お寺ではじょーと一緒に謎のメッセージ「みてござる」を発見して喜んでました。仏様が見てるのかな。何にせよ変なのw


宿の近所のお寺、みてござる


宿の近所のお寺、境内

宿を後にする前に、写真を撮りました。そのときに宿も合掌造りだったことに気付きました。びっくりだよ。気付くのがあまりに…あまりに遅すぎたんだよ。


お世話になった宿、看板


お世話になった宿、全景

あと特筆すべき点として、宿にいたわんこが非常に人なつこくてかわいいです。初めて見る人にも吠えないどころか、寝転がって服従ポーズです。

さらに宿の裏の八幡神社に行こうとすると後ろをトコトコついてきます。そのままどこかへ行ってしまうのかと思いきや、人の周りをくーるくーる回ってます。神社から宿に帰ろうとするとやっぱりついてきます。か、かわいすぎる…恐ろしい子…!


今回の主役は彼女です

鍾乳洞を見よう

高山に戻り、飛騨大鍾乳洞へ。鍾乳洞に入る前に大橋コレクション館があります(2007年「金塊が盗まれた事件」で一躍有名に)。飛騨大鍾乳洞を発見した大橋さんの趣味の一品が飾られています。展示物は脈絡無くて金持ちの趣味ですよ〜という空気が出てます。撮影禁止だったのでお届けできないのが残念です。

説明も適当で何が何だかいまいちすごさが分かりません。古そうな壺の前に「古い壺」という説明が書いてあったときは大層笑った。そりゃそうだけど、あまりに適当すぎるぞw

鍾乳洞はなんと気温 18度。長袖に長ズボンでも寒かったです。しかし洞窟内の急勾配を登りながら見学するため、このくらいの気温じゃないと暑さで倒れそうです。


鍾乳石に名前がついています


ライトアップされていました

昼は鍾乳洞のふもとにあるメシ屋で飛騨牛入りラーメン(金箔付き)を食べました。名物を適当に組み合わせたハズレ料理かと思ったら、けっこうおいしいです。


ラーメン

帰りは名古屋でひつまむしを食べました。うまー。


ひつまむし

つくばに帰らなければならないちかふみさんと分かれ、一同はそのまま大阪の大下邸へ。明日へ続く。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 7月 30日 00:58]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2008年 7月 29日 -
      2008年 7月 20日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 9/20 11:22

カレンダー

<2008>
<<<07>>>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

最近のコメント 5件

  • link 18年09月07日
    すずき 「ありがとう!\nこちらこそ、楽しみにして...」
    (更新:09/11 19:30)
  • link 18年09月07日
    よしだあ 「おつかれさまでした!\nまた仕事できるの...」
    (更新:09/11 19:17)
  • link 18年08月15日
    すずき 「うーん、なんか暴走したり、動かなかったり...」
    (更新:08/15 10:52)
  • link 18年08月15日
    すずき 「実行できた。あと実行ファイルパスについて...」
    (更新:08/15 10:42)
  • link 18年08月15日
    すずき 「さすがに x86_64 と arm のク...」
    (更新:08/15 10:35)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 18年09月15日
    すずき 「[TigerVNC のエラーメッセージ] TigerVNC Jav...」
    (更新:09/20 11:22)
  • link 18年09月16日
    すずき 「[音が出なくなったよ Windows 10] 昨日まで元気に動作し...」
    (更新:09/20 11:10)
  • link 18年09月13日
    すずき 「[府民から都民へ] 家が決まりました。今月末から東京都民です。さよ...」
    (更新:09/17 20:03)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報