link もっと前
   2008年 5月 23日 -
      2008年 5月 23日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

給料日、定時退社

社会人 2年生になって、基本給がレベルアップしました。しかし前年度より手取りが下がります(来月から住民税を取られる)。

今年の住民税の所得割額は「昨年の総所得」から決まります。つまり今年の所得に対してかかる住民税は、来年納めるわけです。実に 1年も時間差をつけて攻撃(納税)されます。

サラリーマンはあまり問題ないかもしれませんが、仕事を変えるなど所得が大きく変化するとき、臨時で大きな収入があった年などは、住民税のことを覚えておかないと、翌年の時間差攻撃でひどい目にあうかも…。

なぜ出てはいけない

阪急のドア横には「非常時に引くとドアが開きます」と注意書きされた箱があります。緊急時、すぐさま車両の外に避難しなければならない時に使います。

で、少し気になったのは「地下鉄内では使わないでください」という注意書きです。注意書きには残念ながら詳細な理由は書いていません。地下鉄のトンネルに出ると何か問題が起きるのだろうか?

地下鉄で感電する

私が思い当たる理由は給電方式の差です。地下鉄は地上の電車のように上から給電するタイプ(架線給電方式)と、レール近くの電線から給電するタイプ(第三軌条給電方式)があります。第三軌条給電の場合、トンネルへ下手に降りて電線(600V〜 くらい)に触れようものなら感電死します。

阪急は架線給電だから阪急が乗り入れる地下鉄も架線給電でないと走れません。架線給電なら、トンネル内に出ても危険はないはずです。しかし大阪市営地下鉄は第三軌条給電が多いらしく、阪急の時と同じノリで地下鉄から降りられると危ないので、全面禁止にしたのでしょう。

お陰で乗客は降りて良いトンネルにも降りられません。阪急もその辺は理解していると思いますが、乗客への説明&周知徹底する面倒くささには勝てないのでしょう。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 5月 26日 00:44]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2008年 5月 23日 -
      2008年 5月 23日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 11/17 22:47

カレンダー

<2008>
<<<05>>>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント 5件

  • link 18年11月15日
    すずき 「なるほど、Windows 10 と古い ...」
    (更新:11/17 22:47)
  • link 18年11月15日
    hdk 「あっ、拒否されるというのは昔のWindo...」
    (更新:11/17 21:07)
  • link 18年11月15日
    すずき 「hdk さん\n\n色は自動で付けている...」
    (更新:11/17 13:15)
  • link 18年11月11日
    すずき 「T4 さん\n\nクロック周りなんですね...」
    (更新:11/17 13:06)
  • link 18年11月11日
    T4 「● I2S1が 全く動かない\nなぜか ...」
    (更新:11/17 09:44)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 18年11月14日
    すずき 「[初めての OpenVX] OpenCV+OpenVX のデモンス...」
    (更新:11/17 13:51)
  • link 18年11月15日
    すずき 「[Windows 10 と Samba] Windows からアク...」
    (更新:11/17 01:29)
  • link 18年11月11日
    すずき 「[linux-next で動かない ROCK64 の I2S] 昨...」
    (更新:11/17 00:27)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報