link もっと前
   2008年 2月 28日 -
      2008年 2月 28日  
link もっと後

link 未来から過去へ表示(*)
link 過去から未来へ表示

日々

link permalink

この世の覇者は

生物が活動する目的の一つとして「圧倒的多数派を維持し続けること」があると思います。

例えば圧倒的多数に至るために人類は、目に入った他者を滅ぼす、という手法を取りました。策は功を奏し、人類は急激に増えましたがあまりに攻撃的すぎて自身の首も絞めています。人類は圧倒的多数を維持できる程の力を持たない種なのかも知れません。

まあ、人類が生物の覇者か否かは時間が証明してくれるのでさておいて。

周りを攻撃して滅ぼす方法で未来が望めないなら、周りと共生することで覇道を歩む生物はいないのでしょうか?自分は、共生する生物はいずれ攻撃的な生物にやられて消えるものだと思っていたのですが…、実は意外と近く成功者が居たのでした。

その名はミトコンドリアです。ミトコンドリアは酸素からエネルギーを生む器官です。一説によれば古代に存在したバクテリアが細胞内に取り込まれ、共生を始めたことが起源だと考えられているそうです。その説を信じるならミトコンドリアは真核生物(細菌類を除いたほぼ全ての生物)と共存し続ける生物と言えます(※)。

細菌の一派として生きる道もあったでしょうけれど、真核生物との共生を追いに追って「この世の全ての真核生物と一蓮托生の関係を築くこと」に辿り着いたのでしょう。ミトコンドリアはこの世の覇者たる生物に到達したと言えるかもしれません。

(※)ミトコンドリアは独自の DNA を持ち、分裂によって増えます。しかし細胞外では生存できず、独立した生物ではありません。この際どこから生物と呼ぶかは曖昧にしておきましょう…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 3月 1日 00:25]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link もっと前
   2008年 2月 28日 -
      2008年 2月 28日  
link もっと後

管理用メニュー

link 記事を新規作成

合計:  counter total
本日:  counter today

link About www.katsuster.net
RDF ファイル RSS 1.0
QR コード QR コード

最終更新: 2/13 00:27

カレンダー

<2008>
<<<02>>>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829-

最近のコメント 5件

  • link 18年12月11日
    すずき 「確認いただいてありがとうございます。直っ...」
    (更新:12/27 00:22)
  • link 18年12月11日
    T4 「再現しませんね\n\n確かに、過去にそう...」
    (更新:12/25 12:45)
  • link 18年12月11日
    すずき 「失礼しました。Rock64 の方は、\n...」
    (更新:12/22 02:10)
  • link 18年12月11日
    T4 「私は、Tinker Board を持って...」
    (更新:12/21 10:14)
  • link 18年12月11日
    すずき 「> 但し、これもう一年以上前の話で...」
    (更新:12/19 11:54)

最近の記事 3件

link もっとみる
  • link 19年01月05日
    すずき 「[linux-next で ROCK64 のオーディオが動かな] ...」
    (更新:02/13 00:27)
  • link 18年12月23日
    すずき 「[linux-next で ROCK64 のオーディオが動かな] ...」
    (更新:02/13 00:26)
  • link 18年11月29日
    すずき 「[linux-next で ROCK64 のオーディオが動かな] ...」
    (更新:02/13 00:26)

こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報